トヨタ・モデリスタ&TRDが東京バーチャルオートサロン2021向けに特別なカスタムモデルを出展へ!新型GRヤリス/GRスープラ/ミライ/ノアなど

グイグイと売上げを伸ばすトヨタとしては、例えバーチャルであってもイベントには一切手を抜かない

昨今の諸事情により開催中止となった東京オートサロン2021ですが、オンライン形式となるバーチャルオートサロン2021が2021年1月15日(金)より開催される予定で、このイベントにトヨタ・モデリスタ/TRDよりカスタムモデルが多数ラインナップされることがあきらかとなりました(スペシャルサイトも開設)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回モデリスタ/TRDから特別展示されるモデルは、新型ミライ(Toyota New Mirai)やGRスープラ(GR Supra)、ノア(Noah)、86、新型GRヤリス(New GR Yaris)、新型ヤリスクロス(New Yaris Cross)、新型ハリアー(New Harrier)などがラインナップされます。


東京バーチャルオートサロン2021にて出展されるモデルを見ていこう

①:新型ミライ

各モデルのカスタム内容を見ていくと、2020年12月に発売されたばかりの新型ミライからは、フロントスポイラーやサイドスカート、スポーティ且つ空力を考慮したリヤエンドなどを採用した専用モデリスタボディキットが登場します。

なお足もとのアルミホイールは、モデリスタ専用の19インチではなく、純正にて標準装備されるマルチスポークタイプというのも中々に驚きですね。

②:新型ヤリスクロス

続いては、現在売れに売れまくっている新型ヤリスクロスのモデリスタカスタム。

ヤリスクロスに関しては、アドバンス・ロバストスタイルやエレガント・アイススタイル、スマートエッジスタイルといった各テーマのエアロキットが準備されるとのことで、それぞれの個性的なスタイリング・デザインだけでなく、これから購入を検討されている方にとっては非常に参考になるのではないかと思います。

この他更に過激なGRカスタムモデルも登場?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう