フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300に新情報!先行情報は2021年3月~4月に公開、発売はランクル生誕70周年を記念する8月1日との噂

確かに初代BJ型のデビュー月が1951年8月1日なので説得力はある

先日、東名高速道路の浜名湖サービスエリア(SA)にて初スパイショットされた、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)と思われる開発車両ですが、今回このモデルに関する新情報が公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既に日本国内のトヨタディーラーでも、現行ランドクルーザー200のカウントダウン販売が終了し(僅か2週間足らずで完売)、2021年3月~4月にかけて新型ランクル300の概要が明らかになる予定ですが、どうやらこのモデルの発売日が2021年8月1日になるのではないか?との噂が浮上しています。


コロナ禍や半導体の供給不足により、発売が遅れる恐れも十分に考えられる

海外カーメディアCaradviceによると、トヨタ・ランドクルーザーは2021年8月1日で生誕70周年を迎えるとのことで、1951年8月1日に登場したジープBJ型に敬意を表する意味も兼ねて登場する可能性が高いとのこと(Bはエンジン名、Jはジープを意味)。

とはいえ、今回の販売月については現時点で確実なものとは言えず、トヨタディーラーにも正式な発売月の連絡も無いため、もしかしたらもう少し早く発売される可能性もあるかもしれません。

あとは日産やホンダのように、半導体の供給不足により自動車需要が後回しとなり、昨今の諸事情で巣ごもりによるゲームやスマートフォンの需要が一気に向上していることから、新型ランクル300の発売時期をズラす可能性も出てきそう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ランドクルーザー300の新機能や情報まとめ!ディーラーによっては抽選販売になる可能性も?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう