フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300のリークが止まらない!70周年記念バッジやサイドデカール装着車も遂にスパイショット

初代BJ型のデビュー月が1951年8月1日となるため、新型ランクル300に生誕70周年記念バッジが貼付される?

既にエクステリアの細部が何度も完全リークされているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、今回は遂にディーラーオプションのサイドデカールや、Dピラー付近に”70th Anniversary”の記念バッジが貼付された量産車がスパイショットされています。

ちなみにトヨタ・ランドクルーザーは、2021年8月1日で生誕70周年を迎えるとのことで、1951年8月1日に登場したジープBJ型に敬意を表する意味も兼ね(Bはエンジン名、Jはジープを意味)、日本市場では2021年8月上旬に発売される予定となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既にサイドデカールを貼付した新型ランクル300のイメージレンダリングなどが公開済みですが、実際にはどのように貼付されているのか?早速チェックしていきましょう。


スパイショット&リークされている新型ランドクルーザー300のサイドビューをチェックしていこう

こちらが今回スパイショットされた新型ランドクルーザー300のサイドビュー。

車両は中東市場向けの個体だと思われますが(日本市場向けは2021年7月1日より生産スタート)、足もとには20インチのマルチスポークアルミホイール(しかも6穴式!)、ボディカラーはアバンギャルドブロンズメタリック、そしてサイドドアアンダーには高級感を持たせたメッキガーニッシュパーツが装着されていますね。

サイドビューのフロントフェンダーからドアハンドル周りのプレスラインを見ていくと、薄っすらとレッドやグレー?のようなサイドデカールらしきものが貼付されているのが確認できます。

そこまで派手な印象ではなく、どちらかというと風になびくかのようなナチュラルな色合いにも見えます。

別の角度からスパイショットされたアバンギャルドブロンズメタリックの新型ランドクルーザー300を見ていきましょう。

ボディカラーと同色のカラードフェンダーと角ばったプレスラインの上あたりから、レッドのデカール→グレー+レッドのデカール?のようなものが貼付されています。

トヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)のGR Partオプションにて見られる、レッドのデカール的なオプションだと思われますが、日本市場向けでも販売されるのか気になるところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてこの画像でもう一つ注目したいのが、右上側に積車されているグレーメタリックの新型ランドクルーザー300。

リヤテールゲートには、”GX.R”のグレードを意味するバッジに加え、Dピラー部分には謎のバッジが貼付されています。

特別な一台であることをアピールできる70周年記念バッジ

もう少し拡大してみるとこんな感じ。

Dピラー部分には、”70th Anniversary”らしきバッジが確認でき、1951年8月1日のランクル生誕70周年を祝うためのオプションバッジ?なのかもしれませんね。

これが日本市場向けでも準備されているのであれば、是非とも付けておきたい装備の一つではないかと思います。

そしてこちらはホワイト系の新型ランクル300。

先程のアバンギャルドブロンズメタリックと同じグレード・仕様だと思われますが、やはりフロントフェンダーからリヤにかけてオシャレなサイドデカールが貼付されています。

新型ランドクルーザー300の最新情報まとめ!ディーラーによっては抽選販売になる可能性も?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう