えっ、そうなの?フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルは日本と北米市場でデザインや開発が異なる模様。ホンダ幹部「ヴェゼルの後継モデルとして登場する」

北米市場では、HR-V(日本名:ヴェゼル)のフルモデルチェンジではなく”後継モデル”になるようだ

2021年1月18日、ホンダ公式よりフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)の公式ティーザーサイトがオープンし、更に同年2月18日の午後12時30分にオンラインワールドプレミアすることが明らかとなりましたが、その一方で北米市場向けとして販売されているヴェゼル(海外名:HR-V)も全く新しくなります。

ホンダ幹部の説明によると、「アメリカとカナダにて販売される次期モデルは、日本市場にて販売される新型ヴェゼルとは全く異なるバージョンになる」とのことで、北米版オデッセイ(Odyssey)のように内外装デザインが異なってくるのではないかと予想されます。


後継モデルであれば、ヴェゼル/HR-Vとは全く別の名称になる?

またホンダ幹部は追加で「フルモデルチェンジという立ち位置ではなく、HR-Vの後継モデルでとして登場する。北米市場の顧客のニーズを満足する設計とし、それはHR-Vとは全く別物になる」ともコメントしているため、今後スパイショットされるかもしれない開発車両は、日本市場や欧州市場にて目撃されている開発車両とは異なるスタイル・デザインにて登場してくるかもしれないですね。

今回の件について、ホンダ・カナダ部門の広報担当も「今は詳しいことは言えないものの、アメリカ市場同様にカナダ市場向けとして、顧客のニーズを満足し後継モデルの開発が進んでいる」と語っていますが、明確に後継モデルと謳っているのであれば、恐らく名称もヴェゼル/HR-Vとは異なるものになると推測。

新型ヴェゼル/HR-Vの後継モデルとなるのであれば、名称は何になる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう