韓国ヒュンダイ(現代自動車)の新型バイヨン(BAYON)が完全リーク!フロントグリルはトヨタ新型カローラクロス風、リヤテールランプは三菱エクリプスクロス風

ヒュンダイの新型は概ねデビュー前にリークされることがほとんど

先日、韓国の自動車メーカーでお馴染み現代自動車(ヒュンダイ)より、新世代BセグメントコンパクトSUVの新型バイヨン(Hyundai New BAYON)に関するティーザー画像が公開されましたが、早くもこのモデルの内外装デザインが完全リークされています。

一部のカーメディアにより、新型バイヨンはホンダ新型ヴェゼル(Honda New Vezel)やトヨタ新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)を競合とするモデルになるとも説明されていましたが、今のところ日本市場に導入される予定もなく、欧州市場にて導入されるのであれば、確かに競合モデルとなる可能性は高いかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


完全リークされた新型バイヨンのエクステリアを見ていこう

ちなみにこちらが、海外カーメディアAutonetMagzによって完全リークされた新型バイヨンのエクステリアデザイン。

ヒュンダイ独特のデザイン言語ともいうべき独立式のLEDデイタイムランニングライトが上部に設けられ、その直下にはトライアングルとスクエア型を組み合わせたような独特のフロントヘッドライトユニットが搭載されています。

フロントグリルについては、ヒュンダイ史上最大ともいえる大口化したグリルが設けられる?との情報もありますが、グリルデザインを見てみるとトヨタ新型カローラクロスっぽいデザインにも見えたり。

こちらが日本市場向けに2021年夏頃に発売予定となっているトヨタ新型カローラクロス(Toyota New Corolla Cross)。

グリルパターンは異なるものの、トヨタ独自のキーンルックグリルっぽさがヒュンダイにも採用されていて、エネルギッシュさ・アグレッシブさは見られるものの、ヒュンダイ独自のオリジナリティが見られないのが残念。

▽▼▽関連記事▽▼▽

フロントは新型カローラクロス風、リヤは三菱エクリプスクロス風?そして内装は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう