ウィンカーはこうやって点滅する!フルモデルチェンジ版・トヨタ新型アイゴの開発車両が再び登場!開放感のあるキャンバスルーフも採用?

新型アイゴはコンパクトボディにアグレッシブなフロントマスクでギャップをつける

トヨタ新型ヤリス(Toyota New Yaris)よりも更にコンパクトで、いよいよフルモデルチェンジ版として内外装を一新する新型アイゴ(Toyota Aygo)ですが、今回2度目の開発車両がスパイショットされています。

2022年初頭にデビュー予定となっている新型アイゴですが、まだまだカモフラージュは分厚いものの、現行モデルに比べて更に攻撃的で、どこか新型RAV4をイメージさせるようなフロントヘッドライトを採用するなど、サイズ感の割にかなりギャップの大きいモデルになりそうです。

一体どのようなエクステリアデザインになるのか?早速チェックしていきましょう。


新型アイゴ(開発車両)のフロントマスクをチェックしていこう

こちらが今回、西欧州にてスパイショットされている新型アイゴの開発車両。

確かにカモフラージュはまだまだ分厚く、フロントバンパーのデザイン言語もどのようになるのか(キーンルックグリルを採用するのか?)は明確ではないものの、フロントヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトはある程度明確になっていますね。

LEDヘッドライトは少し釣り目になり、その周りにはシームレスなLEDデイタイムランニングライトが採用されていますが、デザイン言語的にはちょっと新型RAV4に寄せたアグレッシブさがあります。

LEDウィンカーはターンシグナル(反転)方式を採用

そしてこちらはウィンカー点滅時。

最近のトヨタの手法でもあるLEDデイライトのターンシグナル方式で、新型ハリアー(New Harrier)や新型ヤリスと同じスタイリッシュな点滅となっていますね。

ちなみに新型ハリアーのLEDターンシグナルウィンカーはこんな感じ。

今後こういった手法がトヨタだけでなく、ホンダ新型ヴェゼル(Honda New Vezel)や日産の新型ノート・オーラ(Nissan New Note AURA)などにも積極的に採用されていく予定です。

新型アイゴに搭載されるパワートレインはハイブリッド一択?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう