【想像以上に赤い!】フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300 GR-S?らしき内装が完全リーク!ブラック&ローズの配色はこうなっている

2021-06-10

発表直前に最上位グレードGR-Sと思わしき内装が完全リーク!

いよいよ2021年6月9日(中東時間では20時半)にワールドプレミア予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、このモデルの最上位グレードとなるGR-S(GRスポーツ)と思わしき内装が完全リークされています。

現時点ではまだ確証は得られていないものの、これまでGR-Sに関する内外装デザインだけはリークされず、技術資料・図面のみがリークされてきましたが、発表直前にその姿を明確にしてきた可能性があります。

今回この画像をリークしたインスタグラムユーザー:@300.lcですが、おそらく新型ランクル300 GR-Sの内外装デザインはキャッチしていると考えられ、今後公式発表の時間が迫るにつれ、徐々にその姿をリークしていくのではないかと予想されます。


新型ランドクルーザー300 GR-Sと思わしき内装をチェックしていこう

こちらが今回完全リークされた、最上位グレードとなる新型ランドクルーザー300 GR-Sと思わしきインテリア。

内装カラーはブラック&ローズと呼ばれるもので、レクサスが過去にラインナップしていたダークローズ系の内装とは異なり、どちらかというフレアレッドのような明るいレッドの様にも見えますね。

こちらが別の角度からスパイショットされた内装。

シートは確かにブラックとローズのデュアルトーンカラーに仕上げられていますが、肩周りの背もたれ部分や、ひざ下部分にローズのアクセントを加えるなど、思っていた以上にオシャレ。

あとは内ドアのアームレスト部分や、センターコンソールのカラードステッチにローズアクセントが加味されています。

コックピット周りはこんな感じ。

ダッシュボードやステアリングホイール、グローブボックス周りには一切ローズアクセントは無く、基本的にはブラックでまとめられています。

あとはセンターインフォテイメントシステムディスプレイが12.3インチのワイドディスプレイとなっていますが、これもおそらくメーカーオプション扱いになるのではないかと予想されます。

ちなみにGR-Sグレードの主要装備は以下の通り。

【最上位グレードGR-S】

◇エンジングレード:排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(3列7人乗り)/排気量3.3L V型6気筒ディーゼルターボエンジン(2列5人乗り)
◇車両統合制御(VDIM):無し
◇スタビライザー:次世代KDSS(電子制御)
◇フロント/リヤディファレンシャル:デフロック(標準)
◇ホイールサイズ:18インチアルミホイール(マットグレー)
◇ヘッドランプ:フルLED(シーケンシャルウィンカーの設定無し)
◇グリル・バンパー:GR-S専用意匠(TOYOTAロゴ)
◇バックドア:パワーバックドア
◇サンルーフ:電動/リモコン機能有り(レスオプション有)

ZXのブラック内装&艶消し木目調はこんな感じ

そして最後は、ラグジュアリー性を求めた上級グレードZXのブラックインテリア。

これまではリセール率高めのアイボリーばかりがリークされてきましたが、こちらがオールブラック、そしてオーナメントパネルは艶無し木目調を採用しているのが確認できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LC300 لاندكروزر 2022(@300.lc)がシェアした投稿

過去にリークされた新型ランドクルーザー300の内装の技術資料とは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう