フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの購入を検討してみる。グレードやボディカラーはどうする?気になる予想価格は?

新型ヴェゼルの詳細が一気に明らかになったぞ

さてさて、遂に2021年2月18日にデジタルワールドプレミアされた、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)。

ようやくホンダディーラーにも最新情報が配信されているとのことで(ヴェゼル・モデューロに関する情報もあるようだ)、私も購入を検討している一台でもありますから、近日中に訪問し更なる詳細な仕様なども確認していきたい所。

▽▼▽関連記事▽▼▽

残念ながら、主要諸元や燃費、価格帯などは2021年3月上旬に配信予定とのことですが、新型ヴェゼルの開発責任者である岡部宏二郞 氏によれば「ボディサイズはほとんど変わらない」そうです。


新型ヴェゼルのグレードを検討してみよう

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

今回は、私も購入を検討している新型ヴェゼルのグレードやボディカラーをどうするか?をちょっと考えていきたいと思います。

まずグレードですが、今回の新型ヴェゼルでは新開発となる排気量1.5L 直列4気筒エンジンを搭載するGグレード1種類、同エンジン+デュアルモーターを組み合わせたe:HEVシステムのe:HEV X/e:HEV  Z/e:HEV PLaYの3種類が設定されます。

駆動方式は前輪駆動(2WD)/四輪駆動(4WD)の何れかから選択可能ですが、最上位グレードe:HEV PLaYのみ2WDしか選択できないのはかなり残念なところ。

私の場合、新型ヴェゼルは普段使い用として購入したいと考えているため、そうなると私の地域は雪国なので4WDモデルが候補に挙がることから、e:HEV Zが有力候補に。

e:HEV PLaYに有って、e:HEV Zに無いものは?

ただそうなると、パノラマルーフや2トーンカラー、e:HEV PLaY専用エクステリアといった特別な装備が選べなくなるというデメリットもあれば、e:HEV ZではLEDアクティブコーナリングライト装備されたりと、安全面での充実化はされているため、「普段使いの中で安全性も高いグレード」と考えると、やはりe:HEV Zが濃厚なのかもしれませんね。

新型ヴェゼルのボディカラーやインテリアレイアウトは?そして予想価格は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう