ボルボXC40「制動力が低下」、プジョー508「エアバッグが作動しない」、DS3「燃料漏れ」、ダッジ・ナイトロ「エアバッグ展開でケガする」としてリコール!

制動力が低下して事故する恐れも

ボルボの主要クロスオーバーモデルとなる新型XC40の1車種・計2,112台にリコール。

リコール内容としては、ブレーキフルードレベルセンサーのケーブルハーネスにおいて、製造時の組付け管理が不適切なため、ケーブルハーネスがエキゾーストマニホールドのヒートシールドに接触することがあるとのこと。

そのため熱により被膜が損傷して配線が短絡し、ブレーキ関係の警告灯が点灯して、最悪の場合、制動力が低下するおそれがあるとしてリコールを届け出しています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合は発生しておらず、本国メーカーからの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[XC40]
・5AA-XB420TXCM/YV1XZL1MCM2391606~YV1XZK9MDM2507769/令和 2 年 8 月 20 日~令和 3 年 2 月 3 日/2,112台

改善措置としては、全車両、当該ハーネスの配索を修正し、当該ハーネスに損傷がある場合は、損傷状態に応じて修理、又はハーネスを新品に交換するリコール作業を実施するとのことです。


最悪の場合、ホーンやワイパー、ADAS、方向指示器などが作動しない恐れ

続いてはプジョーのフラッグシップモデル508の1車種・計1,728台にリコール。

リコール内容としては、ダッシュボードハーネスにおいて、配策設計が不適切なため、ステアリングコラムと接触することがあるとのこと。

そのため、車両振動等により当該ハーネスが損傷し、最悪の場合、ホーン、ワイパー、ADAS(運転支援システム)、運転席エアバッグ、方向指示器のいずれかが作動しなくなるおそれがあるとしてリコールを届け出ています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合は発生しておらず、本国メーカーからの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[508]
・3BA-R85G06/VR3F35GFRJY194935~VR3F45GFRLY007243/平成31年2月2日~令和2年8月6日/788台

・3DA-R8AH01/VR3FHEHZRJY153484~VR3FJEHZRLY009317/平成31年2月20日~令和2年8月6日/940台

改善措置としては、全車両、ダッシュボードハーネスを電子ステアリングロックに固定し、ダッシュボードハーネスに損傷がある場合はハーネスを補修するリコール作業を実施するとのことです。

DS3クロスバックやダッジ・ナイトロにもリコール!気になるリコール台数や対象車種は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう