日本市場向け・トヨタ新型カローラクロスが2021年9月14日に発売/8月に生産開始へ!月産台数は7,000台、2022年には欧州/豪州にも輸出予定

2021年もトヨタはSUV祭りになりそうだ

さてさて、以前より噂されていたトヨタのCセグメントSUVモデルで、カローラシリーズの派生版となる新型カローラクロス(Toyota New Corolla Cross)ですが、遂にこのモデルが2021年8月頃より高岡工場(愛知県豊田市)にて生産開始/同年9月14日発売されることが明らかとなりました。

日刊工業新聞並びにいつもお世話になっているトヨタディーラーの情報によると、新型カローラクロスは月産7,000台程度を目標にしているとのことで、日本国内での販売に注力しながらも、2022年以降には欧州市場や豪州市場向けにも生産拡大を検討しているとのこと。

昨今の諸事情や半導体の供給不足、更には福島沖震災によるトリプルパンチで生産に大きな障壁がかかっている自動車業界ですが、トヨタも少なからずそういったダメージはあると考えられるものの、今後更に力をつけていくであろうSUVのラインナップを強化していく考えを示しています。


国内市場向け新型カローラクロスは、ガソリンとハイブリッドの2種類をラインナップ

引続き日刊工業新聞の報道内容をチェックしていくと、国内市場向けのエンジンラインナップは、既にタイ市場などにて販売されているカローラクロスや、カローラスポーツなどでも搭載されている排気量1.8L 直列4気筒エンジンのガソリンモデル、同エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルの2種類をラインナップ予定で、プラットフォームももちろんカローラシリーズと同じTNGA-Cを流用。

グレードは大きく3種類に分けられ、ハイブリッドモデルは前輪駆動(2WD)/四輪駆動(4WD)、ガソリンモデルは前輪駆動(2WD)のみとなります。

具体的なグレード構成一覧は以下の通り。

【新型カローラクロスのグレード構成一覧】

[ガソリンモデル]
◇S[2WDのみ]

◇G-X[2WDのみ]

◇G[2WDのみ]


[ハイブリッドモデル]
◇HYBRID S[2WD/E-Four]

◇HYBRID G-X[2WD/E-Four]

◇HYBRID G[2WD/E-Four]

ちなみに、新型カローラクロスのプラットフォームは、カローラシリーズやC-HRにも採用されているTNGA-Cプラットフォームが引き続き採用され、C-HRのように都会派SUVでデザイン性を重要視するのではなく、その武骨な見た目の通りアウトドア&オフロードを強く意識したモデルになり、後席の居住性も確保されているそうです。

一方で、2022年には新世代TNGAプラットフォームを採用することで排気量2.0Lエンジンモデルもラインナップ予定とのことですが、これが国内市場にて導入されるかは不明ではあるものの、既に北米市場向けでは2.0Lモデルがラインナップされることが決定しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なおトヨタとしては、既にCセグメントSUVとして販売しているC-HRがシティ派クロスオーバーという立ち位置であれば、新型カローラクロスはオフロード志向になると思われ、RAV4/ハリアーという派生関係の展開とするのではないかと考えられます。

一部カーメディアが報道している新型カローラクロスの情報とは?カローラクロスではあの機能が搭載される?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう