雪害の影響で傷だらけになったフルモデルチェンジ版・ホンダ新型フィット4を一括査定してみた。やはりボディとガラスのダメージが影響して半値レベルに

リーセル自体は特に気にしていなかったものの、雪害で付いた傷の影響はデカかった

さてさて、2021年に入っていきなり豪雪+スコップ除雪の影響で傷だらけになってしまった、私のホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)LUXE×四輪駆動(4WD)ですが、納車されて1年が経過してどれぐらいの査定額が付くのか確認してみることに。

▽▼▽新型フィット4が傷だらけになった経緯はコチラ▽▼▽

買取価格次第では売却も検討していた新型フィット4ですが、先に結果から言ってしまうと、やはり雪害+スコップ除雪によって傷つけられたボディ/ガラスがかなりのマイナス査定になっているようです。

具体的にどれぐらいの査定結果となったのか、早速チェックしていきたいと思います。


インターネット一括査定にて4社に買取査定をしていただくことに

今回の新型フィット4の査定ですが、インターネット一括査定にて行っていただくこととなり、時間の都合を合わせて計4社の方にまとめて集まって頂きました。

・ガリバー
・ネクステージ
・カーセブン
・ビッグモーター

雑談しながらも、傷ついたボディやガラスなどをチェックしていただき、内装は特にこれといった傷も無く程度も良かったとのこと。

おそらく今まで所有してきた車のなかで、最も傷が付いたのが新型フィット4だと思われますが、自然災害やご近所さんのご厚意とは言え、改めてもっと自分なりに対策しておくべきだったと当初は後悔。

ですが今は、今後二度と同じことが起きぬよう徹底した対策をとっていこうと考えています。

参考までに、私が購入した新型フィット4の新車総支払額は?

査定結果を見ていく前に、改めて私が購入した新型フィット4の総支払額をチェック。

この価格帯からどこまで下がってしまうのか注目です。

【新型フィット4見積もり内容】

グレード:LUXE(リュクス)・4WDモデル
エンジンタイプ:ハイブリッド(e:HEV)
ボディカラー:プレミアムサンライトホワイト・パール(+55,000円)

インテリア:本革シート(ブラック)

①・・・メーカオプション込みの車両本体価格:2,646,600円
[標準装備&メーカオプション内訳]
・Honda SENSING
・LEDヘッドライト
・Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ
・16インチ専用アルミホイール
・コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー/熱線入りフロントウィンドウ)
・ステアリングヒーター
・(メーカオプション)アームレスト付センターコンソール+ワイヤレス充電器

②・・・ディーラオプション:692,410円
[ディーラオプション内訳]
・新車パッケージ(フロアマットPremium+ドアバイザー+ナンバーロック他):63,360円
・9インチナビ/(フロント・リヤ)ドライブレコーダー安心パッケージ(HCfG+ナビスペシャル装備+工賃込):287,870円
・おもてなしフォグライトシステム(LEDフォグライト装備車用):15,950円
・ダブルホーン(ユーロホーン)e:HEV用:13,970円
・リヤカメラ水滴クリーナーセット(工賃込):25,410円
・オートリトラミラー・ドアロック連動タイプ:22,880円
・ETC2.0+セットアップ(工賃込):44,110円
・フロントカメラシステム(工賃込):46,860円
・15インチアルミホイール+スタッドレスタイヤ:172,000円

③・・・諸費用(5年メンテパッケージ込み):336,210円

総支払額(①+②+③)・・・3,675,220円

改めて見積もり内容を見てみると、コンパクトカーで約370万円を支払ったことに驚きを隠せず…ここからの査定額(売却)がどれぐらいになるか?と言う点ですが、基本的には車両本体価格(2,646,600円)から値が落ちのかを見た方が良さそうですね。

なお補足情報として、走行距離は約1.2万km(1万km以上)、法定点検実施済み、1回目の自動車税納付済み(2回目は2021年5月予定)、ボディとガラスにキズ有りという条件になります。

一括査定して頂いた4社の回答額はいくら?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう