フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの新色メテオロイドグレーメタリックがカッコいい!更にe:HEV PLaYのみの専用装備が新たに発覚【動画有】

新型ヴェゼルの公式発表日までには全ボディカラーをチェックできるかも?

いよいよ2021年4月23日より発売スタート予定となっている、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda new Vezel)ですが、欧州市場向けとなる新型HR-Vの公式画像・動画も一部公開され、これまで実車ベースでは確認できなかった新色も明らかになっています。

またこの他にも、ホンダカーズ三重さんが鈴鹿サーキットでの特別内覧会に参加された際、最上位グレードe:HEV PLaYに設定される装備で未だ確認できていなかったポイントがあるそうなので、こちらもチェックしていきたいと思います。


やはり特殊なボディカラーといえども実車を見てみないとわからないことも多い

まずは欧州市場向けにて先行初公開された新型HR-Vのエクステリア画像。

欧州市場向けでは、排気量1.5L 直列4気筒自然吸気エンジン+デュアルモーターのe:HEVのみがラインナップされ、おまけに最上位のようなデュアルトーンカラー&パノラマルーフを標準装備したe:HEV PLaYが設定されていないとのこと。

あとは日本市場向けの新型ヴェゼルのように、助手席側のサイドアンダーミラー(別名:耳たぶ)が装備されていないため、非常にスマートなエクステリアにまとめられています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてこちらが、未だ実車では公開されていない新型ヴェゼルの新色となるメテオロイドグレー・メタリック。

ホンダの先行ティーザーサイトにあるカラーコンフィグレーターでは確認できるものの、こうして実写での公開は初めてだと思われ、動画越しで見てもマットグレーっぽい仕上がりでカッコ良く、先日公開されたミッドナイトブルービーム・メタリック×シルバーのように渋く引き締まったエクステリアにまとめられていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ヴェゼルe:HEV PLaYには、まだまだ特別な装備が隠されているようだ

続いては、ホンダカーズ三重さんの公式YouTubeチャンネルにて公開されている新型ヴェゼルのインプレッション動画ですが、意外と見落としていたポイントもあったため早速ご紹介していきたいと思います。

まず鈴鹿サーキットにて特別展示されていたのは、最上位グレードe:HEV PLaYで、ボディカラーはプレミアムサンライトホワイト・パール。

遊び心を重要視した一台となるため、実用性を重視したe:HEV Zに比べると装備面で見劣りする部分も多く、例えば上の画像の様にトノーカバーが標準装備されていないのは残念(e:HEV Zは標準装備)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてこれは完全に見落としていたのですが、ラゲッジフロアの裏面には、オレンジのバンドが設けられていて、こういった遊び心のあるバンドはe:HEV PLaYのみのようですね(そもそも他のグレードにバンドが装備されているかもあきらかになっていない)。

なおオレンジのアクセントは、サイドステップ部分やセンターシフト周りにも追加されているため、こういった統一感を持たせているのは流石の一言。

こちらはバックギアに入れた際のバックランプ点灯時。

リヤテールランプやブレーキランプ同様に、バックランプもLEDを搭載しますが、残念ながらリヤウィンカーのみ豆球(非LED)となるため、この点はもう少し頑張ってほしかったところだと思います。

【The All NEW Honda #Vezel​ HR-V E:HEV ( Launch 2021-2022) – small SUV】

【【実車紹介!】新型ヴェゼルを体験レビュー! Vol.1『外装編』】

おさらいも兼ねて、新型ヴェゼルのグレード別の装備内容の違いは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう