フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの内装細部も見ていこう!内ドアのメッキアクセントやピアノ調ブラックなど…そして新色のメテオロイドグレーはかなりカッコいいぞ

改めて異なるグレードを見比べてみると、細かいポイントでも装備差は出ているようだ

2021年4月23日より発売スタート予定となっている、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、ホンダ公式先行サイトでも、同車に関する新たな画像が公開されるなど、少しずつその詳細が明らかになってきました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回、公式先行サイトにて公開されている内外装画像より、エントリーグレードe:HEV X(ガソリンG)とe:HEV Zの比較で、「内装の質感がこれだけ変化する」というポイントを見ていきたいと思います。


新型ヴェゼルの内装細部をチェックしていこう

それでは早速、新型ヴェゼルの内装をチェックしていきましょう。

上の画像にもある通り、左側がエントリーグレードe:HEV X(ガソリンG)で、右側が上位グレードe:HEV Z。

こうして見比べてみると、エントリーグレードはシンプルな無塗装ブラックで内ドア全体に上手く馴染んでいますが、一方でe:HEV Zはメタルアクセントを加味することで高級感を演出していますね。

そしてサイドウィンドウ周りのオーナメントパネルに関しても、左側のエントリーグレードは無塗装ブラックでシンプルに、右側の上位グレードはピアノブラック調(艶有りブラック)に仕上げているのがわかります。

意外と見落としがちなポイントではありますが、こうして見比べてみると、それぞれのグレードにマッチした良さがあるため、この点は予算と相談しながら検討したいところです(あとは実車を見てどれほど印象が異なるかも見たい)。

シートの印象はもちろんだが、天井は何れのグレードも同じ

続いてはシート関連ですが、この点は前回のブログでもお伝えしている通り、左側のエントリーグレードがフルファブリック仕上げなのに対し、右側の上位グレードがファブリック+合成皮革(プライムスムース)のコンビタイプとなっていますね。

ブラックの色合いや光沢具合が異なるため、同じブラックでも印象は大きく異なりますが、個人的には先代ヴェゼルのように本革シート+電動パワーシートを設定してほしかったところですが、この辺りはマイナーチェンジなどで新たなラグジュアリーグレードを追加してくるのではないかと予想しています。

あとは天井の色合いがベージュ系?にて統一されていますが、この点はe:HEV PLaYのみ変更されています。

今回新たに発見した嬉しいポイント

なお天井のカラーリングやサンバイザー、バニティランプ、SOSコールなどは特に違いはありませんが、ルームミラーから見る後方視界が意外にもワイドということ。

新型ヴェゼルでは、先代に比べてCピラー並びにリヤハッチガラスをかなり寝かせているので、その分ファストバックSUVのようなスタイリッシュでスポーティなスタイルに変更されたのですが、個人的に懸念していたのがルームミラーから見る後方視界。

あくまでも画像だけではありますが、そこまで後方視界が狭いといった問題は無さそうですし、スタイリングも良くて視認性も良好ということであれば、商品力としては非常に高く魅力的ではないかと思います。

新色メテオロイドグレーメタリックは同色グリルともマッチしていて人気が出そうだ

ちなみにこちらは、先行情報サイトにて公開された新型ヴェゼルe:HEV X×メテオロイドグレーメタリック。

雪上テスト走行動画でも登場していましたが、こうしてみるとかなり引き締まった印象で、ミッドナイトブルービームメタリックの実車が登場したときと同じく、かなりイケてる印象を受けますね(ボディ同色グリルともマッチしている)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらはリヤデザイン。

イオンモールなどで特別展示された新型ヴェゼル・ガソリンGのインプレッションは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう