フルモデルチェンジ版・日産の新型エクストレイル(海外名:ローグ)に関する情報がまたもリーク!今度はエンジンと燃費が明らかに

どうやら中国市場向けと北米市場向けは共通のエンジンが搭載される可能性が高い

以前、中国市場向けとなる日産のフルモデルチェンジ版・新型エクストレイル(Nissan New X-Trail)のエクステリアが完全リークされ、パワートレインも排気量1.5L 直列3気筒VCターボエンジンを搭載する?といった情報が展開されていましたが、今回エンジンスペックに関する新たな情報がリークされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

とはいっても、既に北米市場向けとして販売されている日産の兄弟車種・新型ローグ(New Rogue)のエンジンスペックが先行にてリークされているとのことですが、具体的にどういったエンジンを搭載するのか?早速チェックしていきましょう。


北米市場向けも遂に、排気量1.5L 直列3気筒VCターボエンジンが追加されるようだ

こちらが今回、海外サイトFuelEconomy.govによって完全リークされている新型ローグのパワートレイン一覧。

元々新型ローグには、排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載するエントリーモデルがラインナップされていますが、ここから更に排気量1.5L 直列3気筒VCターボエンジンが追加されることが明らかになっています。

恐らくは中国市場向けとなる新型エクストレイルと同じユニットだと思われ、直4モデルよりも燃焼効率が良いことに加え、FuelEconomy.govによれば「直3モデルは新技術を評価するための”Small Pilot Program(スモール・パイロット・プログラム)”の一環である」としていますが、これをきっかけに他の新型車でも採用される予定となっています。
※既に新型キャシュカイ(New Qashqai)では直3VCターボ+e-POWERシステムが設定されることが明らかになっている

▽▼▽関連記事▽▼▽

燃費は直4NAよりもほんの少しだけ向上

そして気になる燃費についてですが、既に市販化されている排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジンだと29mpg~30mpg(12.3km/L~12.8km/L)となる一方、排気量1.5L 直列3気筒VCターボエンジンは32mpg~33mpg(13.6km/L~14.0km/L)と少しだけ向上。

なお直3VCターボの詳細なエンジンスペックについては明らかにされていませんが、中国市場向けのリーク情報を参考にさせていただくと、最高出力157hp/最大トルク300Nmとかなりトルクフル。

既に市販化されている直4NAモデルの最高出力184ps/最大トルク245Nmに比べるとパワーは劣りますが、出だし加速感や力強さはVCターボモデルの方が高く、オフロードなどでの走破性もかなり高そうですね。

肝心の日本市場向けとなる新型エクストレイルの発売時期はいつになる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう