超限定の特別仕様車ホンダ・シビック・タイプR”Limited Edition”が競売に!なお日本のオークションでも新車価格の3倍となる約1,600万円にて落札

今後電動化が進むともなれば、最後の内燃機関と噂のタイプRも新車価格では買えないかもしれない

日本市場にて限定200台のみ販売され、先着購入枠は僅か6秒で完売したホンダの特別仕様車シビック・タイプR”リミテッド・エディション”(Honda New Civic Type R Limited Edition)ですが、このモデルの北米市場版が早くもオークションにて出品されています。

海外オークションサイトBring A Trailerにて出品されたリミテッド・エディションですが、北米市場では限定600台も発売されたものの、発売前に即完売した幻の一台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

早速いくらにて出品されているのか?この他日本のオークションに出品されたリミテッド・エディションの落札価格はいくらだったのか?早速チェックしていきましょう。


何と出品されたのは600台中3台目に製造された超希少モデル

こちらが今回北米市場向けとして出品されたシビック・タイプR”リミテッド・エディション”。

アメリカ・ノースカロライナのディーラー経由にて登場した一台ですが、何とロットナンバーは#003と一桁台で、走行距離は僅か64km(40マイル)。

日本市場で言えば特別抽選に当選した幻の一桁台となりますが、確実に転売の対象になるでしょうね。

なおボディカラーはフェニックスイエローのみで、足もとのタイヤはミシュラン製パイロットスポーツカップ2(245/30 R20インチ)を装着、20インチBBS社製鍛造アルミホイールを標準装備します。

従来のシビック・タイプRに比べて、よりカタいスプリングや専用ブッシング、アンチロールバーを備えたサスペンションをインストールし、ステアリングも特別仕様車用に再調整され、よりハンドリングを向上させているとのこと。

あとは強力なブレーキング性能を得るために、フロント4ピストンキャリパーを含むブレンボ製ブレーキキャリパを標準装備。

幻のロットナンバー#003の入札価格は?日本のオークションにて出品されたリミテッド・エディションの落札価格は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう