超限定の特別仕様車ホンダ・シビック・タイプR”Limited Edition”が競売に!なお日本のオークションでも新車価格の3倍となる約1,600万円にて落札

新車価格では購入不可能と予想されるシビック・タイプR””リミテッド・エディション”の入札価格は?

引続き出品中のホンダ新型シビック・タイプR”リミテッド・エディション”を見ていきましょう。

インテリアはブラックとレッドのデュアルトーンカラーをテーマにしつつ、シートやステアリングにはアルカンターラ、オーナメントパネルにはカーボンファイバ調にすることでスポーティ感を高めています。

あとは車体重量の軽量化に貢献するため、リヤワイパーやリヤカーゴカバー、リヤヒーターダクト、消音材などは全て廃除。

その一方で、デュアルゾーンオートエアコンやキーレスエントリー、クルーズコントロール、エンジンスタータースイッチ、アルミニウムシフトノブ、ナビゲーションディスプレイ、12スピーカーサウンドシステムを標準装備します。

そして気になるリミテッド・エディションの入札価格ですが、2021年4月8日現在の時点(6日残し)で、入札価格は約505万円(46,000ドル)ですが、恐らく最終日に更に入札数が増えると思われ、もしかすると1,000万円台に突入するかもしれませんね。


日本のオークションではとんでもない金額にて落札されたリミテッド・エディション

続いては日本市場向けとして限定200台のみ販売されたリミテッド・エディションですが、こちらは国内のオークションにて出品され、新車価格550万円に対し約3倍となる約1,622万円にて落札されていたことが明らかとなりました。

既に中古車サイト・グーネットなどでも約1,000万円付近にて転売されているリミテッド・エディションですが、普通にポルシェのハイパフォーマンスモデルやフェラーリ/ランボルギーニ等の中古モデルが購入できる金額。

▽▼▽関連記事▽▼▽

元々は転売を防止するためにコアなシビック・タイプRファンのために販売された一台ですが、こうしていとも簡単にオークションに出品され、超高額転売されるのを見ると、「本当に買いたい人が買えない」という現実を突きつけられそうです。

☆★☆シビック・タイプR関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:BringATrailer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう