フルモデルチェンジ版・ホンダ新型フィット4の15回目給油!ようやく無給油1,000km走行達成→給油したらカタログ燃料タンク40Lをオーバーしてしまった件

新型フィット4 e:HEVは暖かくなる季節にその真価を発揮する

さてさて、2020年2月末に納車されて15回目の給油となった私のホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)e:HEV LUXE×四輪駆動(4WD)ですが、標準装備の16インチアルミホイール&サマータイヤに履き替え、更には超短期間での長距離移動が重なったため、余裕の無給油1,000km達成(最後に達成したのは2020年11月の9回目給油)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお早朝&夜中移動がほとんどだったので、車通りはほとんどなくて信号もほぼ点滅状態、特に早朝時は27度設定のエアコン(足もとに風量3ぐらい)に設定しての大型移動だったので、もしかしたらエアコンを使用しなければ更に燃費は伸びていたかもしれませんね。


冷静に考えたら40Lの燃料タンク(しかもレギュラー)で、無給油1,000km走行できることも凄い

今回の15回目給油ですが、前回の14回目給油が2021年3月26日だったため、約2週間ぐらいでの給油となりました。

なお14回目給油後は、往復400km位の大型移動が2回続き(700kmが下道、残り100kmが高速道路走行)、更に往復140km(全て下道)の中型移動も突如入ったため、本当にあっという間の2週間だったと思います。

とはいえ、これだけの大型移動を僅か40Lの燃料タンクで走破できたという事実が残り、改めて新型フィット4 e:HEVのポテンシャルの高さに驚かされるばかりです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに上の関連記事にもある通り、スタッドレスタイヤから夏タイヤに履き替えてからは、タイヤのグリップ力が高くなる一方で転がり抵抗が少なくなったようにも感じられ、その分スムーズな加速と軽やかさが得られたようにも。

その影響もあってなのかはわからないものの、気温が上昇して電動モーターの消費速度が遅くなったことも考えられ、上の通り100km以上走行することでの区間燃費は30km/Lがほとんど。

100km走ってガソリンの消費量が僅か3Lって…こうして実測値で見ると結構な衝撃だと思います。

オールサマータイヤを装着しての15回目の給油記録は?1,000km走行しての給油金額はどれぐらい?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう