冗談だと言ってくれ!中国市場向けトヨタ新型クラウンクルーガーが完全リーク!XSEグレードベース、本当に王冠のエンブレムが付いていた

2021-04-11

まさか噂のクラウンSUVが本当に登場してしまうとは…

さてさて、以前より度々話題になっていたトヨタ次期クラウン(Toyota New Crown)がSUV化する?という話題について、新型ハイランダー(New Highlander)をベースにしたSUVに近いスタイリングになると報じられていましたが、本当にこのモデルが中国市場にて登場するようです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

前回、中国メディア・中国工業情報化部の公式サイトより完全リークされた、新型クラウン・クルーガー(New Crown Kluger、中国名:Crown-Lufgang)と呼ばれる「北米市場向け新型ハイランダーのXSEグレード」をベースにしたエクステリアに、王冠のエンブレム(ロゴ)を装着した特許画像がリーク。

製造・販売元は、FAWトヨタ(一汽トヨタ(長春)エンジン有限会社)になると報じられていましたが、本当に図面の通り王冠マークを貼付したクラウン・クルーガーの実車が完全リークされています。


明らかにCGだと疑いたい新型クラウン・クルーガーを見ていこう

こちらが今回完全リークされた、FAWトヨタ新型クラウン・クルーガーの量産モデル。

確かにエクステリアデザインは、北米市場向けとなる新型ハイランダーXSEのようなキーンルックグリルを採用し、フロントグリルにはメッキ加飾の水平スラッドを装着せず、それでいてフロントエンドのエンブレムにはトヨタエンブレムではなく”王冠”のエンブレムが貼付されています(もしかすると中日新聞が報じていたのは中国専売モデルだったのかも…?)。

もう少し間近で見てみるとこんな感じ。

本当にクラウンのエンブレムが貼付されてる…

水平基調のグリルパターンが設けられたキーンルックグリルに対し、上部のハニカムグリルはメッシュパターンを採用していますが、クラウンRS/クラウン・アスリートをイメージしたモデルなのでしょうか。

ちなみにこちらが、北米市場向けとして販売されている新型ハイランダーXSEグレード。

フロントマスクは、先ほどのクラウンクルーガーと同じではあるものの、フロントエンブレムはしっかりとトヨタのエンブレム付。

ボディカラーの関係で少しサイドエアインテークが見づらいですが、基本的にフロントバンパーデザインやサイズ感、そしてプラットフォームTNGA-Kは全く同じものを流用しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

FAWトヨタは新型クラウン・クルーガー、GACトヨタは新型ハイランダーが登場し、それぞれが兄弟車種として上海モーターショー2021に出展?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう