レッドカラーのフルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルを実車インプレッション!4WDモデルだが”アレ”は付いていないようだ

やはり新型ヴェゼルでは実車で拝見した方がカッコいいのかもしれない

さてさて、2021年4月23日より発売スタート予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、私がオーダーしたe:HEV Z(4WD)も発売日前日となる4月22日にディーラー入庫予定で、ナンバー取得のタイミングが早ければ4月末のゴールデンウィーク前には納車可能とのこと(店舗がGW休みに入るため、これを逃すと5月上旬にズレ込んでしまう)。

既にほとんどの地域では、新型ヴェゼルの先行展示会が開催されているそうで、今回インプレッションさせて頂くモデルも、栃木県三上町のホンダカーズ関連施設にて特別先行展示されたものになります。

しかもボディカラーは、かなり貴重なプレミアムクリスタルレッド・メタリックとのことで、早速そのデザインをチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


意外にも気付けなかった四輪駆動モデルをインプレッション

こちらが今回特別展示された新型ヴェゼル。

画像並びに情報提供頂けたのは、Twitter ID:@mee_orgさん(心より感謝!)

ベースとなっているグレードは、上位グレードe:HEV Z(4WD)とのことで、雪国では非常に人気の高いグレードとなっています。

なお下記の関連記事でもご紹介している通り、今回の新型ヴェゼルで最もオーダーされているグレードがe:HEV Zとのことで、遊び心のある派生グレードのe:HEV PLaYの人気はもちろんありますが、月産台数が約300台と極めて少なく、おまけに2021年4月10日時点で納期が2022年3月までズレ込んでいるとなると、2021年8月以降に納車可能と言われるe:HEV Zへとシフトするユーザーが多いのも納得。

▽▼▽関連記事▽▼▽

フロント上部とロアのグリル意匠が異なり、メリハリと抑揚が付いている

改めて新型ヴェゼルのエクステリアを見ていきましょう。

かなり貴重なプレミアムクリスタルレッド・メタリックということもあり、ボディ同色のインテグレーテッドグリルのインパクトが強く、加えてクリーンでEV感のある顔つきが印象的ですが、やはりプロモーション映像と見比べてみると、実車で見た方が断然クール。

ハニカム形状のグリルがワイドな仕上がりで、ボディ全体もワイド&ローなグローバルファストバックSUVとなるため、どことなく日本車離れした雰囲気はあります。

あとはフロントロア部のグリル意匠がメッシュ仕上げのため、クリーンな同色グリルとは異なり、メリハリと凹凸を設けることで抑揚を付けているのもグッド。

新型ヴェゼルの四輪駆動モデルは”アレ”が装備されていない?更にLEDウィンカーはシーケンシャルと点滅の切り替えが可能?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう