トヨタ新型BZのステアリングはまさかのナイトライダー風ヨーク型に?!メルセデスベンツ新型EQBのティーザー画像が早くもドロップ!

レクサス新型LF-Z Electrifiedコンセプトのトヨタ版がBZ4Xに?

いよいよ2021年4月19日より開催される、中国・上海モーターショー2021にて登場予定のトヨタ新型BZ4Xですが、このモデルに関する新たなティーザー画像が公開され話題になっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新世代e-TNGAを搭載し、トヨタ初のピュアEVクロスオーバーとして登場予定となっている新型BZ4Xですが、何とステアリング形状はナイトライダー風のヨーク型ステアリングになるとのことで、先日レクサスが公開したLF-Z Electrifiedコンセプトや、テスラ新型モデルS/モデルXにも採用されているアレになりそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


まさかトヨタがヨーク型ステアリングホイールを採用するときが来るとは…

こちらが今回新たに公開された新型BZ4Xのティーザー画像。

確かにステアリング形状は真円タイプではなく、スクエア型でフラットボトムなヨーク型ステアリングを採用しています(センターホーンにはTOYOTAのエンブレムも)。

このヨーク型がそのまま量産仕様に適用されるかは不明ですが、トヨタとしても先進的で大胆な技術を採用することを強くアプローチするための一種のパフォーマンスではないかと考えられる一方、将来的にトヨタのピュアEVモデルの多くが、ヨーク型を標準的に採用してくる?といった見方もあるそうで、この点は4月19日の上海モーターショーでどのような考えを示すのか注目したい所。

なおボディサイズまでは明らかになっていませんが、サイズ感としては新型RAV4ぐらいのミドルサイズになると言われていて、トヨタの2021年度販売スケジュールにもRAV4 EVを発売する計画があることから、もしかするとそのRAV4 EVというのが、今回のBZ4Xである可能性も高そうです。

トヨタ注目のe-TNGAはフレキシブル性が高い

プラットフォームは先述の通り、e-TNGAを採用し、駆動方式は四輪駆動(AWD)ベース。

なおe-TNGAは、前輪駆動(FWD)/後輪駆動(RWD)にも流用できるフレキシブルなアーキテクチャで、シングルモーターやデュアルモーターのセットアップに加え、最小50kWh~最大100kWhのバッテリーを搭載できるのも大きなポイントです。

上海モーターショー2021では、メルセデスベンツ新型EQSに続き、早くもEQBも公開される!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう