レクサスの新世代ピュアEVクロスオーバー・新型LF-Z Electrified Conceptが世界初公開!2025年までに市販化を目標とするレクサスの新たな一台【動画有】

ピュアEVになってもレクサスのアイデンティティでもあるスピンドルグリル形状は採用

さてさて、2021年3月30日にレクサス公式より、新世代ピュアEVクロスオーバーとなる新型LF-Z Electrified Conceptが世界初公開されました。

基本的なボディスタイルは、LF-1 Limitless/RZ450eのような伸びやかなクーペクロスオーバースタイルで、加えてレクサスのアイデンティティでもあるスピンドルグリル形状を用いた全く新しい電気自動車となりますが、レクサスによると「2025年までに実現できるよう設定された運転性能、スタイリング、および高度な技術を組み込んだコンセプトモデル」と説明しています。

早速、今回発表された新型LF-Z Electrified Conceptをチェックしていきましょう。


新型LF-Z Electrified Conceptのエクステリアを見ていこう

こちらが今回、世界初公開された新型LF-Z Electrified Conceptのエクステリアデザイン。

レクサス独自のスピンドルグリル形状を継承しながらも、グリルパターンはメッシュやドット柄ではなく、ピュアEVならではのグリルレスで(内燃機関を搭載しないため、ラジエーターグリルは無し)、フロントヘッドライトにもレクサス特有のL字型となるアローヘッドのシームレスLEDデイタイムランニングライトを搭載。

サイドビューはこんな感じ。

フロントオーバーハングは短めで、ホイールベースはロング、そしてリヤテールゲートが大きく突き出たクーペスタイルのクロスオーバーとなりますが、どちらかと言うと4ドアスポーツクーペをそのまま持ち上げたかのようなハイサイドビークルスタイルに。

ウェストラインも非常に高い位置に設けられ、サイドウィンドウの面積も小さいためにクロスオーバーというよりもスポーツカーに近い印象を与えています(車格の異なるアストンマーティンDB11みたい)。

新型LF-Z Electrified Conceptのリヤデザインは間近で見ると独特…インテリアのコンセプトは「手綱」?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう