物凄い違和感…マツダ新型CX-30 EVが上海モーターショー2021デビュー前に完全リーク!リフトアップでサイドステップが設けられ、オフロードSUV風に

まさかマツダCX-30のEV版を発表してくるとは…

2021年4月19日のプレスデーより開催予定となっている中国・上海モーターショー2021にて、長安マツダが製造する中国専売モデル・新型CX-30 EVを世界初公開することが明らかとなり、そのエクステリアデザインが公式発表前に完全リークされています。

既に現地では一足先に”クローズで”公開されている新型CX-30 EVですが(中国はそういったなかでもお構いなくリーク)、マツダが欧州市場や国内市場で発売スタートした新型MX-30 EVとは異なり、コンパクトSUVモデルのCX-30をベースに100%電気自動車へとシフトした全く新しい一台になるとのこと。

エクステリアはそこまで大きく変化していないようにも見えますが、従来のガソリン/ディーゼルモデルとどのように異なるのか?早速チェックしていきましょう。


何かがおかしい新型CX-30 EV、一体何が異なる?

こちらが今回、上海モーターショー2021にて世界初公開予定の新型CX-30 EV。

従来のCX-30と比較すると、フロンヘッドライトや五角形グリル、シグネチャーウィングフレームなどの変化はなく、一見して「本当に電気自動車なの?」という疑問はありますが、よ~く見てみると、ヘッドライト位置やグリル位置が従来よりもかなり高いところにあり、更にフロントロアバンパーの下にエアロパーツのようなものが追加装備されているのが確認できます。

フロント・リヤフェンダーは変わらずの素地ブラック仕上げとなるフェンダーモールで、サイドスカート部分も同様ですが、明らかにガソリン/ディーゼルモデルでは見慣れないサイドステップも追加装備。

床下にバッテリーを追加したため、どうしても車高が高くなってしまう

そしてサイドビューを見てみると、明らかに従来のCX-30に比べてショートホイールベース+短めのオーバーハングのように見え、スタイリッシュでコンパクトSUVと言われたCX-30がリフトアップされてオフロード志向に変化。

実はコレ、内燃機関からピュアEV化したことでバッテリーが床下に搭載されたために(いわゆる後付け)、フロント・リヤ共にリフトアップしているのだとか。

そのためコンパクトSUVでありながらも乗り降りがし辛くなってしまったため、トヨタ・ランドクルーザー200(Toyota Land Cruiser 200)のようなサイドステップを設けなければならなかったそうです。

ちなみにこちらが内燃機関モデルのCX-30。

サイドステップやエアロパーツは無くリフトアップもしていないため、より一層シャープで車高の低いクーペクロスオーバーのように見えます。

新型CX-30 EVのリヤビューやインテリア、そしてパワートレインは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう