誰か見てあげて!三菱が新世代ピュアEVクロスオーバーの新型エアトレックを世界初公開!スズキ新型ジムニーのガラスが脱落・水漏れの恐れがあるとしてリコール

エアトレック復活はある意味大スクープだと思うが…

2021年4月19日より開催の中国・上海モーターショー2021にて、三菱との合弁企業である広汽三菱より、新世代ピュアEVクロスオーバーの新型エアトレック(Mitsubishi New AIRTREK)が世界初公開されました。

エアトレックといえば、三菱が2001年~2008年に販売していた5ドアクロスオーバーモデルで、当時はステーションワゴンでもミニバンでもハッチバックでもない新感覚のスタイリングを持ち、次世代クロスオーバーSUVとして登場したチャレンジャーの後継モデルとして注目されました。

そんなエアトレックの次世代ピュアEV版という立ち位置になるかと思いますが、一体どのようなエクステリアデザインなのか?早速チェックしていきましょう。


ぱっと見はデリカD:5っぽいミニバン風の顔つきだが?

こちらが今回公開されている新型エアトレックのエクステリアデザイン。

三菱曰く、”e”-cruising SUVをコンセプトにしたクロスオーバースタイルということで、“Electric(電気自動車の「電気」)”、“Expanding(カーライフの「拡張」)”、そして“Expressive(三菱自動車らしさの「表現」)”と3つのキーワードを重要視した一台とのこと。

フロントマスクとしては、三菱のアイデンティティともいえるダイナミックシールドグリルを採用し、さらにデリカD:5のようなスプリット式のLEDデイタイムランニングライトや、縦型基調のLEDヘッドライトを搭載します(真正面からだとデリカっぽい)。

リヤエンドを見るとクロスオーバーっぽいスタイリングで、リヤテールランプは逆L字をイメージしたLEDテールランプを採用しています。

なお三菱の執行役グローバルマーケティング&セールス担当のジョン・シグノリエロ氏によると、「新型エアトレックは、自由に冒険をするという意味を込めたSUVである。また中国専用の電動車で、広汽三菱が現在販売する三菱ブランドの4車種目として年内に発売を予定している。中国における電動車ラインナップを拡大し、持続可能なモビリティ社会の実現に向けて貢献していく」とコメントし、中国市場を中心にピュアEVモデルの拡大が注目されます。

上海モーターショー2021に関する新型車・コンセプトカーなどは、コチラにてまとめています。

スズキ新型ジムニーのガラスの接着に不備があり、水漏れや走行中に脱落するリコール?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう