これがフルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300の量産モデルだ!水平基調を意識したワイド&ダイナミックなオフロードSUVに

2021-04-23

2021年6月10日の詳細が明らかになる前に、こんなにも早くエクステリアがリークされるとは…

2021年7月1日にガソリンモデル/同年7月19日にディーゼルモデルが生産開始され、更に同年8月上旬に発売予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、遂にそのフロントマスクがスパイショットされています。

新型ランクル300の最新情報を随時展開しているインスタグラムユーザーの@landCruiserupdatesの情報によると、某所のヤードにてカモフラージュなどの偽装が一切施されていない量産モデルを目撃。

恐らく国内仕様も同様のフロントマスクになると考えられますが、一体どのようなデザインなのか?早速チェックしていきましょう。


フロントマスクは自動車情報誌マガジンXさんのイメージドローイングとほぼ同じ

こちらが今回、某モータープールにてスパイショットされた新型ランドクルーザー300のフロントマスク。

ホワイトパール系のボディカラーが4台、ブラック系のボディカラーが1台並べられ、いずれもカモフラージュカバーは付けられず、フロントフードとトップルーフのみキズ防止用のビニールが貼付されているぐらいですが、ヘッドライトやフロントグリル含むフロントバンパーはそのまま。

なおフロントマスクを確認する限り、過去にマガジンXさんが公開した完成ドローイングとほぼ同じで、水平基調を強く意識したダイナミックなオフロードSUVといった印象。

しかも現行ランドクルーザー200のデザインテイストをキープコンセプトとしつつ、メッキ加飾による水平スラットバーを何本も並べることにより、オラオラ感や高級感、そして力強さを上手く両立しているように感じられます。

近くで見るとフラッグシップSUVらしいオフロード感と力強さが上手く表現されている

もう少し近くで見てみるとこんな感じ。

U字タイプのグリルフレームが設けられ、先代をキープコンセプトとしながらも、そのデザインはどことなく中国・紅旗(ホンチー、Hongqi)のH9などに見られるようなスクエアタイプにも見えたり。

とはいえ、決してラグジュアリー志向ではなく、オフロード且つ力強さを上手く両立した秀逸なデザインだと思われ、国内市場だけでなく中東市場などでも再度人気を得る一台になると予想されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ランドクルーザー300のグレード構成やボディサイズなどの詳細な情報は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう