ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型IS300 F SPORT Mode BlackのTVキャンセラーキットのコネクタスイッチが剥がれる。夏場の車内は致し方ないのかも

よくよく考えてみたら、他の車両ではTVキャンセラースイッチが剥がれたことは一度も無かった

さてさて、私に納車されたレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型IS300 F SPORT Mode Blakcですが、このモデルに装備しているTVキャンセラーキットのコネクタスイッチが剥がれ落ちてしまう事態に。

TVキャンセラーキットは、走行中でもテレビ視聴が可能なオプションで(TVキャンセラー無しだと走行中は強制的にナビ画面に切り替わる)、(ディーラーによって金額は異なるかもしれないですが)工賃込みだと28,600円(10%税込み)とそこそこにお高め。

とはいえ長距離移動時には子供の退屈時間を埋めるためにDVDを再生することが多く、絶対的に重宝するオプションなので必ず設定するようにしていますが、今まで購入してきた車で初めてコネクタスイッチが剥がれてしまいました。


原因は気温上昇により粘着力が低下したため

こちらが新型ISにて貼り付けていたTVキャンセラーキット用のコネクタスイッチで、上の通り垂直方向のボード(ステアリングの左後方)に両面テープにて貼り付けてましたが、恐らく気温上昇による影響でボードが熱を持ってしまい、その影響で粘着力が弱まって剥がれてしまったのでしょうね。

ちなみにTVキャンセラーのスイッチはこんな感じ。

エンジン始動時には赤色に点灯し、プッシュすると赤色が濃くなってON状態(テレビ視聴可)、薄くなるとOFF状態(テレビ視聴不可)になりますが、エンジンOFFだと背景は白くなります。

両面テープを新品に貼り替えて再度ボードに貼付してみる

裏面はこんな感じ。

両面テープが貼付されていますが、熱の影響で粘着力が低下してしまったのだと考えられます。

これに関してはどうすることもできず、とりあえず強力な粘着テープを貼付する他無いと思いますが、それでも宙づり状態にてパーツを貼付することや、垂直な面で貼付する際には、どんなに使用温度範囲が広かろうとも剥がれてしまう恐れもあります。

今回貼付している両面テープは、スコッチ製の超強力両面テープ(最大90度まで対応)になりますが、これでも剥がれてしまうとなると中々対策は難しいのかもしれません(それでも今までに貼付していた車両では落下・剥がれたりしなかったのでちょっと不思議)。

なおコネクタスイッチが剥がれた状態のボード表面はこんな感じ。

F SPORT専用フレアレッドインテリアに設定しているため、運転席周りもとにかく真っ赤(ピンポイントで見ると目がチカチカしますね)。

とりあえず新品の超強力粘着両面テープを貼付してこんな感じ。

一度これで様子見してみたいところですが、2021年4月末の段階で剥がれてしまうことを考えると、真夏の7月~8月だと外気温は優に30度~40度になるでしょうし、簡単に剥がれることも考えられるかもしれません。

そのときにまた別の対策を講じてみようと考えますが、もしおススメの粘着両面テープなどがありましたら教えて頂けますと幸いです。

受注終了となった2021年モデル・新型ISの納期も明確になってきた?2022年モデルはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう