これは予想してなかった…ランボルギーニ新型レースカー・ウラカンGT2のティーザー画像が突如公開!カウンタックを意識したハードコアモデルか

2021年はアヴェンタドール派生の新型車2車種だけでなく、ウラカンの派生版も準備しているようだ

ランボルギーニは、2021年内にアヴェンタドール(Lamborghini Aventador)をベースとした2車種のV型12気筒エンジンモデルを発表・発売することを明らかにしていますが、今回はそれとは別にV型10気筒エンジンを搭載するウラカン(Huracan)をベースとした新型ウラカンGT2に関するティーザー画像が世界初公開されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

突如として公開された新型ウラカンGT2のティーザー画像ですが、具体的なスペックなどについては明らかにされていないものの、ランボルギーニのレーシングチーム・スクアドラコルセ(Squadra Corse)との共同開発によるレーシングモデルとして登場するそうです。

早速新型ウラカンGT2の一部の内外装をチェックしていきましょう。


スーパートロフェオやカウンタックをモチーフにしたような過去と未来を繋ぐ一台

コチラが今回世界初公開された新型ウラカンGT2のティーザー画像。

パッと見ではウラカンっぽくない見た目ではあるものの、各種エアロパーツ類はスーパートロフェオ系にもそっくりで(マクラーレン・セナっぽいリヤウィングも強烈)、更にカウンタック(Countach)オマージュのようなリヤビューが印象的。

海外カーメディアAutoevolutionの情報によると、このモデルは北米と欧州のチャンピオンシップレースに参戦するためのワンメイクシリーズレーシングカーで、プロやアマチュアなどのチーム戦でも活躍する一台とのこと。

こちらはフロントヘッドライト。

ウラカンとは大きく異なるLEDヘッドライトが搭載されますが、そのデザインはどことなくコーチビルダー・イタルデザインのゼロ・ウノ(Italdesign ZeroUno)っぽい見た目にも。

ちなみにゼロ・ウノは、ウラカンをベースにしたコーチビルドモデルで、世界限定5台のみ販売された希少なスーパースポーツモデル。

価格帯としては約2.7億円と非常に高額ですが、発表・発売と同時に即完売し、デリバリー開始後から即転売されたモデルとしても有名です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

インテリアは一部ですが、垂直型のフルデジタルインストルメントクラスターが搭載され、フロントウィンドウ面積もかなりコンパクト。

ステアリングホイール形状までは確認できないものの、恐らくヨーク型に近いデザインで、ある程度の操作系スイッチが全てステアリング上に設けられていると考えられます。

新型ウラカンGT2レースカーは、アウディR8 LMSGT2やポルシェ911GT2RSクラブスポーツ、KTM X-BowGT2といったフォルクスワーゲングループの内の1車種になると思われます。

ちなみにこのモデル、レーシング仕様ということで公道走行は不可能だと思われる一方、具体的に世界限定何台販売されるかまでは不明。

近日中にその全容が明らかになると思われますが、国内市場でも購入される方はほんの一握りではないかと予想されます。

☆★☆ランボルギーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう