神奈川県にて日産シルビアS15がオーバースピードにて事故。海外ではポルシェとランボルギーニが同じ日に、同じ時間帯でそれぞれクラッシュ→何れもレンタカーだった件【動画有】

2021-03-24

突如としてバス停に勢いよく突っ込んでいく白い乗用車…一体なぜ?

2021年に入り、多数の煽り運転や逆走運転、自動車事故(死亡事故含む)が発生していますが、神奈川県でも車両事故が発生する瞬間がドライブレコーダーの映像にて公開されています。

3月23日の午後3時半ごろ、神奈川県横浜市金沢区の交差点にて、ホワイトの日産シルビアS15(Nissan Silvia S15)と思われる乗用車が道路脇に突っ込む大事故に。

一体なぜこのような事故が発生していまったのか?早速チェックしていきましょう。


メディア/マスコミの報道によれば、どうやらオーバースピードによる事故のようだ

こちらが日産シルビアS15と思われる車両がクラッシュする瞬間の映像。

赤丸にもある通り、突如として車両が突っ込んでいく瞬間が確認できますが、ANN Newsの報道によれば、「交差点で右折した際、速度の出し過ぎで曲がり切れずに衝突した」とのこと。

SNSではドライバーの安否よりも車両を心配する声が多数

こちらが衝突した後の映像。

フロントは大破し、おそらくエンジン部分も損傷しているのではないかと思われますが、現在スバル・インプレッサ22B STiや日産スカイラインGT-Rといったネオクラシックカーに続き、シルビアやマツダRX-7なども価格高騰の対象となっているためか、SNSなどでは「大事なS15が…」とドライバーを心配するよりも”車両を心配”する声が多数。

なおこの車両を運転していた20代の男性ドライバーは、ひざの痛みを訴えて軽傷とのことですが、他人・他車を巻き込むといった最悪の事態は回避。

事故した20秒後には、たまたまパトロールをしていた警察車両が到着したとのことで、すぐに事故処理は完了したとのことです。

改めてオーバースピードによる事故は危険であることを教えてくれる映像でもある

なおこうしたオーバースピードによる事故は非常に多く、直近でいえば千葉県・京葉道路下り線にて、スバル・インプレッサが大破しドライバーが車外へと放出→死亡する事故があったためか、改めて運転することの恐ろしさ、いつ人は命を落としてもおかしくないような状況にいるため、「他人に迷惑をかけるような行為」だけはしないよう今一度気を引き締めて運転していきたいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

【バス停なぎ倒し車“突入の瞬間”速度出しすぎ原因か(2021年3月23日)】

オーストラリアでは、同日の同じ時間帯に、ポルシェとランボルギーニがそれぞれスリップ事故を起こすというとんでもない出来事が…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう