意外と早かったな…マイナーチェンジ版・フォルクスワーゲン新型ポロGTIのティーザースケッチが世界初公開!どうやら発表は2021年6月下旬のようだ

この勢いだと2021年内には、もう一段階上の派生モデルが登場してもおかしくないかも

2021年4月22日に世界初公開されたばかりとなる、マイナーチェンジ版・フォルクスワーゲン新型ポロ(Volkswagen New Polo)ですが、発表後僅か3週間足らずにてハイパフォーマンスグレードとなる新型ポロGTIのティーザースケッチ画像が公開されています。

現時点では具体的な発売時期や詳細なスペックなどは明確になっていないものの、恐らくスタンダードグレードの新型ポロとほぼ同じタイミングにて発売されるものと予想されますが、フォルクスワーゲン曰く実車のオンラインワールドプレミアは2021年6月下旬を予定しているとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


早速新型ポロGTIのティーザースケッチをチェックしていこう

早速、フォルクスワーゲンが公開している新型ポロGTIのティーザースケッチ画像をチェックしていきましょう。

基本的なデザイン言語はスタンダードグレードと同じで、単眼LEDヘッドライトとシームレスなLEDデイタイムランニングライト、そしてフロントバンパーを横切るような形で中央へと伸びていく”非直結”型のLEDデイライトを採用。

大きく異なるポイントといえば、GTI専用バッジが貼付されたり、GTI専用のメッシュグリルの追加、更には縦型基調のLEDフロントフォグランプを埋め込むなど、結構ダイナミックに変化していますね。

ちなみにマイナーチェンジ版・新型ポロのグレード構成としては、エントリーグレードのライフ(Life)、上位グレードのRライン(R-Line)、そしてハイパフォーマンスグレードのGTIという構成になりますが、今後更なるハードコア版も登場する可能性が高く、それが年内に登場するかは不明なままとなっています。

新型ポロGTIのデザインコンセプトは?

改めて新型ポロGTIのフロントマスクを見ていくと、グランドツーリング・インジェクションモデルの伝統的なレッドアクセントを特徴とし、コンセプトには「より鋭く、ダイナミックで、パワー満載」であることをフォルクスワーゲンが強くアピール。

上位車種となる新型ゴルフ8 GTIと同じように、LEDデイタイムランニングライトがハニカム形状のフェイクエアインテークに埋め込まれ、モジュールは5つではなく2つだけになっているところも、弟分のポロGTIらしいポイント。

更にマイナーチェンジ(フェイスリフト)で追加されたライトバーの上の赤いストリップも、ゴルフ8 GTIから継承されていて、これらの変更によりBセグメントのパフォーマンスハッチが少しアグレッシブに見えるようになるところも、フォルクスワーゲンの強くアピールしたいポイントだそうです。

パワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力197hp/最大トルク320Nmを発揮する可能性が高く、トランスミッションは湿式多板構造のクラッチを内蔵した6速DSGが引続き採用される予定とのことですが、改良型により多少なりとも0-100km/hの加速時間が短縮される可能性も十分に考えられそうです。

☆★☆フォルクスワーゲン関連記事5選はコチラ!☆★☆

Referecne:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう