フォルクスワーゲン新型ID.6 X/ID.6 Crozzが世界初公開!デュアルモーター搭載&3列7人乗りで快適性抜群、ファミリー層にも高い人気が出そうだ

上海モーターショー2021デビュー前に公式から先行公開!

2021年4月19日より開催予定となっている中国・上海モーターショー2021にて、フォルクスワーゲンの新世代ピュアEVクロスオーバー・新型ID.6 X/ID/6 Crozzが世界初公開される予定でしたが、発表直前に公式より内外装デザインが公開されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ID.6は、3列6~7人乗り仕様のファミリー層をターゲットにした中型クロスオーバーで、先述の通りグレードはID.6 X/ID/6 Crozzの2種類が展開されます。

早速新型ID.6の内外装デザインをチェックしていきましょう。


残念ながら中国専売モデルで、グローバル展開されない

こちらが今回フォルクスワーゲンより先行にて初公開された新型ID.6のエクステリアデザイン。

これらのモデルはグローバルモデルの新型ID.4の兄貴分となりますが、外観だけを見てしまうと、オレンジカラーはルノーっぽさがあり、パープルカラーはいかにも中国市場向けっぽい印象。

なおID.6シリーズは中国専売モデルとなるため、厳密にはSAICとの合弁企業にてID.6 Xを製造し、FAWとの合弁企業がID.6 Crozzを製造する流れとなります。

基本的な製造過程は何れも同じですが、大きく異なるのはフロントLEDヘッドライトやテールランプ、フロントバンパー形状になります。

いずれもID.4に非常にそっくりですが、大きなクォーターガラスを採用することにより、フットプリントが拡大することはもちろんのこと、車内の快適性や実用性も大幅に向上しているとのこと。

プラットフォームはアウディ新型Q4 e-Tronと同じMEB EVを採用

サイドビューや足元のアルミホイールも全く同じ。

なおプラットフォームは、先日公式発表されたアウディ新型Q4 e-Tron/Q4 e-Tron Sportbackと同じMEB EVプラットフォームを採用し、3列目シートも採用するために全長4,876mmと非常にロング。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ホイールベースは2,965mmと伸びやかですが、競合モデルになるであろう現代自動車(ヒュンダイ)新型Ioniq 5の3,000mmに比べるとちょっとショート気味。

とはいえ新型ID.6シリーズは、3列6人乗り or 3列7人乗りから選択することが可能で、ホイールサイズも19インチ~21インチとオプションも充実しているため、その用途に応じた仕様に設定できるのは非常に嬉しいポイントです。

内装やパワートレインもチェックしていこう

インテリアは非常にシンプルで、物理スイッチ系はほとんど採用せずにタッチパネル(静電式)がメインとなっています。

トランクルームはこんな感じ。

2列目・3列目が倒された状態になっていますが、フルフラットというわけではなく、少し斜めになった印象で、大きな段差は無いため長尺物は収納できそうですね。

グレードは大きく2種類をラインナップ

続いて気になるパワートレインですが、ベースモデルはリヤにシングルモーターを搭載することで最高出力177hpを発揮し、その上位グレードは201hpにまでアップグレードされます(0-100km/hの加速時間は9.3秒/9.1秒にて到達)。

一方でデュアルモーターを搭載した上位グレード(AWD)になると、最高出力302hp/最大トルク310Nmまでアップグレードされ、0-100km/hの加速時間も6.6秒と一気に短縮。

航続可能距離(中国のNEDCモード)については、ベースグレードが58kWhのバッテリーを搭載することで436km、上位グレードは77kWhのバッテリーを搭載することで588kmまで走行可能になるとのことです。

☆★☆上海モーターショー2021関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう