これカッコいいぞ!フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXが発表前に完全リーク!F SPORTは安定のメッシュグリル、メーターはフルデジタルではなかった件【動画有】

2021-06-12

まさか発表前日に内外装デザインが完全リークされてしまうとは

いよいよ2021年6月12日(土)の午後12時より世界初公開されるレクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXですが、何と発表直前に海外カーメディアによって完全リークされています。

YouTubeの海外カーメディアCARSCOOPSチャンネルによって完全リークされた新型NXですが、今回公開されているグレードは、国内市場でも販売予定となっている純ガソリンタイプのNX350(AWD)。

パワートレインは、おそらく新開発となる排気量2.4L 直列4気筒ターボエンジンが搭載されると考えられますが、グレードはこれまで公開されてこなかったF SPORTとなっています。

早速完全リークされた新型NXの内外装をチェックしていきましょう。

▽▼▽新型NXの公式発表記事はコチラ!▽▼▽


新型NX F SPORTのエクステリアをチェックしていこう!

こちらが今回完全リークされた新型NX350 F SPORT(AWD)のフロントマスク。

やはりF SPORTグレードということもあって、フロントマスクは一気にスポーティでアグレッシブに変化し、フロントのスピンドルグリルはもちろんですが、フロントサイドエアインテークもグロスブラックメッシュが拡大されメリハリが付いています。

顔つきとしては、やはりビッグマイナーチェンジ版・新型ISのクロスオーバー版といったところで、フロントヘッドライトは連なるタイプの三眼LED、LEDデイタイムランニングライトは上部に設けられ、フロントフォグランプもさりげなく丸形を搭載しています。

フロントグリルはF SPORT専用メッシュグリルで、グリルフレームは艶有りブラックもしくは漆黒メッキっぽく見えますね。

なおフロントの”L”マークエンブレムの直下には、広角カメラが装備されています。

伸びやかで丸みがあるのに、フロントエンドは絶壁の新型NX

サイドビューはこんな感じ。

初代NXに比べて滑らかで丸みが付いた印象で、更にフロントフードは伸びやかでオーハングも長めに見える設計に。

とはいえ、フロントエンドはほぼほぼ絶壁レベルにスパッと切られているため、この辺りのメリハリもNXのユニークでアリ魅力的なポイント。

プラットフォームはトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)/RAV4と同じTNGA-Kプラットフォームが採用される予定で、剛性向上や軽量化など、初代NXから一気に質感が向上すると言われています。

F SPORT専用アルミホイールはシンプルで、締結方法はハブボルトタイプ

足もとにはF SPORT専用アルミホイールが装着されますが、ティーザー画像にて公開された高輝度シルバーとブラックのマルチスポークに比べるとシンプル。

おそらくサイズ的には19インチだと予想されますが、この点はレクサスUX/ISなどのF SPORTホイールに似ている一方、ホイール締結はやはりナットタイプではなく、ハブボルト形式になっているようです。

参考までに、こちらが非F SPORT(多分version L)のマルチスポークアルミホイール。

やはりリヤエンドのエンブレムは廃止され、”LEXUS”バッジに

リヤビューはこんな感じ。

センター直結式の一文字型と、両サイドにはRCのようなL字型テールランプが独立して設けられ、BMW7シリーズのようなレイアウトに。

なおクリア部分はLEDリヤウィンカーだと思われますが、点滅範囲を考えると流れるタイプのシーケンシャルではなく点滅の可能性が高そうですね。

そして水平基調のリフレクター(反射板)や、縦型基調のダクト、シルバータイプのスキッドプレートなど、全体的に立体感の造形が印象的ですが、リヤロアバンパーはF SPORT専用のグロスブラックではなく、無塗装ブラックなのがちょっと残念なところです。

ちなみにリヤエンブレムは排除され、その代わりとして”LEXUS”のメーカーバッジが貼付されたのは斬新なところ。

グレードは「NX350 AWD」。

▽▼▽新型NXの実車インプレッション記事はコチラ!▽▼▽

新型NX F SPORTのインテリアは新機能が目白押し!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう