レクサスが本気を出した…フルモデルチェンジ版・新型NX450h+も完全リーク!内装のアンビエントライトはマルチカラーで自由設定可、エンジン始動はスマホで認識?!【動画有】

2021-06-12

最上級グレードNX450h+は装備内容もかなり充実してそうだ

2021年6月12日の午後12時よりデジタルワールドプレミア予定となっている、レクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXですが、既に海外カーメディアによってその内外装デザインが完全リークされています。

先程は、世界初となるNX350 F SPORT(AWD)の完全リーク動画をご紹介しましたが、今度は新型NXの最上級グレードとなるであろうプラグインハイブリッドシステムNX450h+ F SPORT(AWD)が完全リークされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

エクステリアの迫力はもちろんですが、この動画ではもう少し細かな内装の紹介がされていて、その機能性や充実度は競合のメルセデスベンツやBMW、アウディに追いつこうとするレベル。

早速完全リークされたNX450h+の内外装をチェックしていきましょう。

▽▼▽新型NXの公式発表記事はコチラ!▽▼▽


まずはNX450h+ F SPORTのエクステリアをチェックしていこう

ボディカラーは何とも爽やかなブルー系で、漆黒メッキのアクセントが加味されたスピンドルグリルフレームや、フロントサイドエアインテークのメッシュアクセント、そして大口化したスピンドルグリルとのメリハリもグッド。

少し角度を変えてみるとこんな感じ。

やはりヘッドライト周りは新型ISと同じ連なるタイプの三眼LEDと、その上部にはL字型シームレスタイプとなるLEDデイタイムランニングライトが装備されますが、一気に引き締まった顔つきでクール。

更に初代NXで気になっていたフロント・リヤフェンダーの無塗装ブラックモールですが、F SPORT専用なのかカラードフェンダーにアップグレードされていますね。

ブルーとブラックのメリハリが際立つF SPORT

サイドビューはこんな感じ・

思いのほか車高は低く、ホイールハウスのクリアランスはかなり小さい印象を受けますね。

ただサイドスカートのモール部分はグロスブラックではなく無塗装ブラックなのはちょっと残念なところです。

足もとのアルミホイールはこんな感じ。

NX350 F SPORTと同じデュアル5スポークタイプではありますが、NX450h+専用だからなのか、グロスブラックペイント処理されているのは予想外でした(締結方法はもちろんハブボルト形式)。

この点は他グレードとの差別化を図るためか、もしかするとメーカーオプションにて準備されているのかもしれません。

筋肉質で無駄を削ぎ落した洗練されたボディ

こちらはリヤプロファイル。

ルーフレールはブラック塗装にて処理され、画像では確認できませんがオプションにてパノラマガラスルーフが装備可能のようです。

リヤエンドも重厚感とワイド感があって良いですね。

ボディ形状が一新されたからなのか、リヤフェンダーのコンモリ具合が結構目立ちます。

車名は最上級のプラグインハイブリッドグレードとなる「NX450h+ AWD」。

新型NXの内装と機能はかなり進化してるぞ!アンビエントライトもマルチカラー対応…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう