「世界最高速」の称号を狙うヘネシー新型ヴェノムF5は、「公道仕様」なのに安全性などの問題で公道で走らせることができない模様→一体なぜ?ところで世界一速いスーパーカーは?

ヘネシー新型ヴェノムF5は発売後も色々な問題を抱えることになりそうだ

ブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+(Bugatti Chiron Super Sport 300+)や、SSCトゥアタラ(Shelby SuperCars Tuatara)、そしてケーニグセグ・ジェスコ(Koenigsegg Jesko)といった、大排気量エンジン+最高出力1,000hp以上を持ち、とんでもない最高速度を持つハイパーカー/スーパーカー達が存在しますが、これらのモデルに対抗するのがヘネシー・パフォーマンス新型ヴェノムF5(Hennessey Venom F5)。

このモデルは、アメリカを拠点とする過激チューナーのヘネシーが世界限定24台のみ販売したノンハイブリッドハイパーカーで、車両本体価格は約2.3億円と超高額。

現時点ではプロトタイプモデル/量産モデルでの最高速チャレンジには挑んでいないものの、今最も世界最速の称号を獲得できるかもしれない期待の一台でもあります。

そんな新型ヴェノムF5ですが、ここに来て公道モデルとしては非常に致命的な問題を抱えているとして話題になっています。


公道仕様モデルなのに、”ある条件”を満たさないと公道にて走らせることができない

こちらが今回新たに公開された新型ヴェノムF5の量産仕様。

ボディカラーはブルーアリオーネにて仕上げられ、オレンジのディテールアクセントが加味された爽やかなカラーリングですが、これをオーダーしたのは起業家のハワード・ペインズ氏で、登録国はアメリカになるとのことですが、どうやらこのモデルの公道での年間走行距離が約4,000km(2,500マイル)を超えてはいけないそうです。

そもそもこういった投機的なモデルを年間4,000kmも走らせることは無いと思いますが、どうやらその理由には安全装備のエアバッグが搭載されていないことが大きな問題になっているそうです。

公道にて走らせるためには事前に米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)へと申請しなければならない

しかもヴェノムF5を公道にて走らせるためには、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の規則である”Show or Display(ショー・オア・ディスプレイ)”ルールを申請すれば、特定の車両が道路規制を免除されるとのことで、原則として年間2,500マイル(約4,000km)まで走行できるとのこと。

しかもこの申請は、ヘネシー・パフォーマンスを通してサポートしてくれるものではなく、購入したオーナー自身が責任を持って申請しなければならないので非常に面倒なプロセスとなります。

別の言い方をすれば、このShow or Displayルールを申請しなければ、「公道にて走らせることはできない」ということになりますが、実はこういった超面倒くさいルールはヴェノムF5だけでなく、世界限定106台のみ販売されたマクラーレン・スピードテール(McLaren Speedtail)も同様なんですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

マクラーレン・スピードテールも、以下の問題を抱えているために、アメリカの公道にて走らせることが非常に難しくなっています。

問題①:3シータ-レイアウト(サイドマウントエアバッグが許可されていない)

問題②:サイドミラーレス機能(格納式サイドミラーレスカメラはアメリカの公道条件を満たしていない模様)

正直ヴェノムF5のスペックは公道ではほぼ不要レベルだが、そのスペックにロマンがある

おそらくアメリカの公道ではほとんど目撃できないであろう新型ヴェノムF5ですが、パワートレインは排気量6.6L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力1,817hp/最大トルク1,617Nmを発揮(エンジン名は「フューリー」だとか)。

直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が2.6秒、0-200km/hの加速時間が4.7秒、0-300km/hの加速時間が8.4秒、0-400km/hの加速時間が15.5秒にて到達すると言われています。

最高時速については詳細なスペックは明らかになっていないものの、最大のライバルといえるブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+の490.3km/hはクリアできるものと予想され、更なる未知の領域ともいえる500km/hの壁を超えることができるかどうかは、明らかになっていません。

最新版のスーパーカー/ハイパーカーの最高速ランキングはどうなっている?

参考までに、2021年7月時点(最新版)での世界最高速ランキングは以下の通り。

  1. SSCトゥアタラ・・・532.9km/h
  2. ブガッティ・シロン・スーパースポーツ300+・・・490.3km/h
  3. ケーニグセグ・アゲーラRS・・・447.0km/h
  4. ヘネシー・ヴェノムGT・・・435.1km/h
  5. ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツ・・・431.0km/h
  6. SSCアルティメット・エアロTT・・・412.1km/h
  7. ブガッティ・ヴェイロン・・・408.4km/h
  8. ケーニグセグCCR・・・387.9km/h
  9. マクラーレンF1・・・386.4km/h

☆★☆ヴェノムF5関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com