これがスズキの5ドア版・新型ジムニーシエラ?ロングホイールベース化&エンジンもハイブリッド化し、2022年にデビューとの噂が浮上

残念ながら5ドア版ジムニーに関する情報はディーラーでも全く展開されておらず

さてさて、以前より度々報道されているスズキのオフロードクロカンモデルとなるジムニー(Suzuki Jimny)もしくはジムニーシエラ(Jimny Sierra)をベースとしたロングホイール&5ドア版ジムニーですが、早速このモデルのイメージレンダリングが公開されています。

国内カーメディアSpyder7さんが公開したレンダリングを参考にしつつ、新型5ドアジムニーが国内市場に導入される可能性があるとのことですが、具体的な時期としては2022年初頭、遅ければ2022年夏~秋頃にかけてとのことで、2018年夏頃にフルモデルチェンジ版が導入されて4年後ということに(本来であればマイナーチェンジや一部改良を施しても良い時期だが、納期の関係で不可に)。

もちろん、現時点ではスズキディーラーにそういった情報は展開されていないものの、最近ではスズキの新型車も発表ギリギリにならないと資料が配布されなかったりでセキュリティが厳しくなっているため、もしかしたら5ドア版ジムニーの開発・市販化については水面下で動いている可能性もあるかもしれませんね。


その見た目は「ミニGクラス」!日本の道路事情にマッチしたサイズ感

こちらが今回公開されている新型5ドアジムニーのイメージレンダリング。

ベースとなるモデルは乗用車タイプのジムニーシエラで、ラダーフレーム構造をベースにしつつロングホイールベース化した一台となりますが、ボディサイズとしては全長3,850mm×全幅1,645mm×全高1,730mm、ホイールベース2,550mmと、全長+300mm/ホイールベース+300mm延伸しているとのこと。

レンダリング画像だけで見ると、伸びやかなロングルーフやロングホイールベースの影響もアリ、「日本の道路事情にマッチしているのか?」という疑問もあったりもしますが、数字も含めてみるとサイズ感もそこまで大きくない印象ですし、見た目もミニGクラス風で輸入車ユーザーからも注目を集めそう(この見た目で全長4,000mm未満は魅力的)。

なお全長4,000mm未満というのは、おそらく製造元となるであろうインド市場の税制を鑑みて検討されたものだと思われ、全長4,000mmを超えてしまうと税金が一気に高くなり全然売れないからなんですね。

インドでは税制にマッチしたショート&ワイドボディが主流になりつつある?

そのため、最近のインド市場向けに製造されている新型コンパクトカーは全長4,000mmを意識していて、しかしその一方で全幅は1,700mmを超えて日本市場向けで云う3ナンバーに相当する車体も多く、まさにインド市場に考慮したモデルになることも考えられそう。

その例として直近の新型車でいえば、日産の新型マグナイト(Nissan New Magnite)がわかりやすく、全長3,994mm×全幅1,758mm×全高1,572mmで、全長は4,000mm未満/全幅1,700mm超えなのがわかります。

参考までにインド市場の税制サービスGSTの情報によれば、全長4,000mm未満、ガソリン車で排気量1.2L/ディーゼル車で1.5Lを超えないモデルに限り「小型車」として扱われ、GST税率+目的税率を足し合わせた合計税率が29%とガソリン車の中で最小に抑えられます(EVは12%)。

仮に全長が4,000mmを超えてしまった場合、合計税率は一気に45%へと跳ね上がってしまうため、車両価格の約半分をプラス税金で追い金して購入するといったバカげたことだけはどうしてもしたくないんですね(しかもハイブリッド車に関してはサイズに関係なく43%の税率負担となる)。

新型5ドアジムニーはハイブリッド化?ミニGクラスとして新たな顧客を獲得できる可能性も!気になる続きは以下の次のページにてチェック!