(2022年)ホンダ新型N-BOX Custom STYLE+ BLACK納車されました!総額260万円超えはダテじゃない…装備内容も含めて軽自動車の域を超えている【動画有】

とことんブラック!遂に特別仕様車N-BOX Custom LターボSTYLE+ BLACK(2WD)納車されました!

さてさて、2021年12月16日に発表・発売されたホンダの(2022年)一部改良版・新型N-BOX/N-BOX Custom/特別仕様車N-BOX Custom STYLE+ BLACKですが、遂に私にも特別仕様車STYLE+ BLACKが納車されました。

前回のブログでもお伝えの通り、私が購入したのはターボモデルのN-BOX Custom LターボSTYLE+ BLACK(2WD)で、ボディカラーはクリスタルブラックパールと全体的にブラックでまとめられた厳つい一台となっています。

ちなみに私が購入したモデルの見積もり内容は以下にまとめていますので、検討されている方は参考にしていただけますと幸いです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


早速納車された新型N-BOXを見ていこう

早速私に納車された新型N-BOX Custom LターボSTYLE+ BLACK(2WD)を見ていきましょう。

基本的にはメッキ加飾に仕上げられた部分がベルリナブラックに加飾され、全体的にブラックアクセントの割合を高めるだけでなく、オラオラ顔からスポーティ路線へとシフトし、デザインも一気に引き締められたものに。

今回は、かなり久々となる後席両側スライドドアを採用した軽自動車を購入したわけですが、よくよく考えてみると、実家用に購入したダイハツ現行タントカスタム(Daihatsu New Tanto Custom)以来ではあるものの、その金額は圧倒的に新型N-BOXの方が高額。

総額260万円を超えたものの、その金額以上の満足感があるかもしれない

先述の見積もりにもありますが、総額にして260万円を超えているため、とても軽自動車の値段ではないにしても、その装備内容や利便性の高さ、そしてファミリーカーとしても十分活用できる広々とした空間を見ると、明らかに軽自動車の域を超えたコンパクトミニバンにも思えてくる一台で、改めて「日本で最も売れる軽自動車」であることにも納得。

その模様については、随時当ブログにてご紹介できればと思いますが、今回は取り急ぎ内外装デザインとちょっとした優秀な機能だけをご紹介。

軽自動車といえど後席用両側スライドドアは電動パワー式を採用

ちなみに新型N-BOX Customのエクステリアは、2021年モデルと基本的には同じで、Custom特有のナンバープレート位置も中央のまま。

なお後席スライドドアについては、カスタムLターボベースということもあり両側電動スライドドアを標準装備とし、更にディーラーオプションとなるワンタッチスライドドアを両側に設定しているため、イチイチドアハンドルを引く必要も無く、ワンタッチでオープン/クローズができるのは嬉しいところ。

ちなみにワンタッチスライドドアの操作については、以下のショート動画にて公開しています。

【(2022年)ホンダ新型N-BOX Custom Lターボ STYLE+ BLACKのスライドドア】

とにかく黒い!”N-BOX Custom”のネームバッジもブラックで全く読めない!

リヤクォータービューはこんな感じ。

やはり特別仕様車STYLE+ BLACKと謳うだけあって、リヤテールゲートの”N-BOX”と”Custom”のバッジはオールブラックにペイントされているため、クリスタルブラックパールだと全く文字が読めないのはユニークなところ。

この角度からでは”Honda”のメッキエンブレムしか確認できないため、とりあえずテールランプの形状やボディスタイル以外での見分けは難しそうです。

そして足元には、カスタムLターボのみ標準装備の15インチY字スポークアルミホイールが装着されますが、特別仕様車だとホイールリムもオールブラックにペイントされるため、ホイール全体がフルブラックに。

これも一目で特別仕様車だとわかるポイントですし、こうしたアグレッシブで派手なホイールを標準装備にしてくるホンダもかなり思い切ってますね。

新型ヴェゼル/フィット4にも装備されていないアノ装備が付いている?!電動スライドドアの隠れた優秀な機能とは?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!