フルモデルチェンジ版・トヨタ新型クラウンクロスオーバーはこうなる?スタイリングはステーションワゴン寄りで、ヘッドライトはbZ Compact SUV風

2022-07-05

このスタイルで登場したら魅力的かもしれない

2022年夏頃に発表・発売予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型クラウン(Toyota New Crown)。

まずはクーペルックな4ドアセダンから発売を予定していますが、その1年後にSUVスタイルの新型クラウンクロスオーバー(クラウンクロス?)が登場予定と言われています。

今回、新型クラウンクロスオーバーはこうなる?というレンダリングが公開されているので、早速エクステリアデザインをメインにチェックしていきましょう。


クロスオーバーというよりもステーションワゴン系?グローバル進出も期待される新たな一台か

via:Spyder7

こちらが今回、国内自動車ニュースサイトSpyder7さんによって作成された新型クラウンの完成イメージレンダリング。

ボディスタイルとしては、ゴリゴリのSUVスタイルという感じではなく、どちらかというとステーションワゴン寄り。

マツダMAZDA6ステーションワゴンやBMW3シリーズツーリング、メルセデスベンツCクラスワゴン/オールテレーンを意識するかのようなスタイリングで、しかしフロント・リヤに無塗装ブラックのフェンダーモールを装着することで”あくまでも”SUV系であることをアピール。

北米市場でも2022年10月に販売予定とリークされている新型クラウン

ちなみに新型クラウンは、2022年10月にも北米市場に進出するといった情報がリークされていますが、クロスオーバーも北米に進出する場合は、上のようなステーションワゴン寄りのスタイリングも注目される可能性は高そう。

足もとのブラックスパッタリング仕上げのようなシングル5スポークアルミホイールは、現行15代目のクラウンRSに装着されるようなラグジュアリー仕様を流用していますが、大幅にデザインが変更されるかどうかは不明。

クロスオーバー仕様ともなれば、ルーフレールやサンルーフ系が装備される可能性も

なおトップルーフにはルーフレールが装備されていますが、仮に装着されるのであればメーカーオプションの可能性が高そう。

ルーフレールだけでなく、ラグジュアリー要素を加味するであろう新型クラウンクロスオーバーでは、サンルーフやパノラマルーフといったメーカーオプションも準備される可能性が高そうですが、全グレードに適用されるのか、それとも上位グレードのみに限定されるのか気になるところですね。

ヘッドライト意匠はピュアEVモデルのbZ Compact SUV風?

via:Spyder7

フロントマスクも見ていきましょう。

あくまでもイメージレンダリングなので、100%このデザインにて登場するわけではありませんが、ヘッドライト意匠はかなり独特ながらも、プロジェクタ式三眼LEDヘッドライトに加え、”コ”の字型LEDデイタイムランニングライトはbZ Compact SUV風。

via:撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

ちなみにbZ Compact SUVは、トヨタが2021年12月に開催したEV戦略にて登場したコンセプトモデルで、恐らくこのモデルをベースに取り入れたレンダリングではないかと推測。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今後のトヨタのピュアEVクロスオーバーにて積極的に採用されるかもしれないデザイン言語の一つで、量産モデルではどこまでトーンダウンするのかも注目処です。

新型クラウンクロスオーバーは先代のデザインを取り入れる?インテリアは先進的に?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!