フルモデルチェンジ版・レクサス新型RXのリヤデザインが早くもリーク!新型ISのような一文字テールランプで、ドアハンドルは新型NX同様にeラッチを採用か

早くも新型RXのリヤデザインがリークされるとは…

さてさて、2022年6月1日の午前9時に正式発表されることが明らかとなったレクサスのフルモデルチェンジ版・新型RX。

既にトヨタ/レクサスのニュースリリースでも、F SPORTグレードと思われるティーザー画像が公開されましたが、今回は早くもリヤビューの一部がリークされ話題となっています。

レクサス専用掲示板サイトでお馴染みLexus Enthusianst Newsにてリークされた新型RXのリヤビューですが、てっきり新型NXと同じセンター直結式の一文字とL字を配した3灯式LEDテールランプになるのかと思いきや、大きく異なるテール意匠になるようです。

早速リークされた新型RXのリヤビューをチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型RXのリヤビューは、これまでのレクサスの集大成になる?

こちらが今回リークされた新型RXのリヤビュー。

早速テールランプデザインをチェックしていくと、新型NX/LX600のような3灯式テールランプではなく、どちらかというとビッグマイナーチェンジ版・新型ISのテールランプをモチーフにしているような感じ。

参考までに、左側の画像が新型NX(ホワイト)のリヤテールランプで、右側の画像が新型IS(ブルー)のリヤテールランプになります。

何れも一文字テールランプを採用していますが、それぞれテイストが異なり、新型ISはナンバープレートの配置を避けるような形でアーチを描くような一文字を採用しています。

まるで弓を引くような”しなやか”で”滑らかな”テールランプ意匠

改めて新型RXのテールランプをチェックしていきましょう。

外側のL字から中央に向けてテールランプのラインが細くなっていき(奥行きを持たせている?)、弓を引っ張るような滑らかなアーチを描いているのが確認できるかと思います。

配置的には、リヤナンバープレートが少し下側に位置するため、新型ISのように極端に角度を設ける必要もなく、自然な形でつなぐことができるのではないかと予想されます。

そしてリヤクォーターピラーのガラス部分ですが、この点は現行RXと同じテイストを採用しているため、新型NXと差別化を図る意味でも重要なパーツですし、ルーフレールも装備されていることから、恐らくパノラマルーフを採用しているものと予想されます。

アウタードアハンドルは新型NXと同じeラッチを採用している?

続いて注目したいポイントが、上の赤丸のフロント・リヤアウタードアハンドル。

ドアハンドル周りにブラックのアクセントパーツが装備されていることから、恐らく新型NXと同じeラッチドアハンドルシステムを採用するものと予想されます。

現時点では細部を確認することはできないものの、ドアハンドルの形状的にも、新型NXと共有しているようにも見えますが、個人的に心配なのは「新型NXとパーツ共有することで部品不足が生じ、生産遅れに影響しないか」ということ。

あくまでも個人的な懸念点に過ぎないため「全く影響無い」という可能性もありますが、2022年5月中旬時点で新型NXの納期は更に長納期化しており、ハイブリッドグレードは2年近くまで延びているとの噂もあります。

こうした状況で更に新型RXを発表し、共有化できる部品を採用 → 結果的に部品不足で生産・納期が遅れるということもリスクの一つだと思いますし、おそらくトヨタ/レクサスもこういったリスクを回避すること前提で生産に取り掛かると思うので、今後の動きにも注目したいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型RXのリヤビューで注目したいポイント、そしてグレードも遂に発覚?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!