レクサス「LC500」の試乗予約完了。「LFA」に次ぐハイパワーモデルの本領は如何に

2020-05-26

スポンサーリンク

さて、ようやくレクサスの100%ガソリンモデルとなる「LC500」の試乗予約が完了。
当初は、7月の中ごろに試乗車として移り変わるかもしれないとの事前情報を頂いていましたが、想像以上に早く展示車両から試乗車に切り替わったため、ここはすかさず試乗予約をさせていただきました。
また、以前試乗させていただいたハイブリッドモデルの「LC500h」とどれだけ性格が異なるのかも気になるところ。

スポンサーリンク

今回も試乗予約をさせていただいたのは、いつもお世話になっているレクサス宝塚さん。
グレードは「LC500 S Package」という最上位グレードで、車両本体は1,400万円となっています。

ルーフがカーボンとなっていて、ボディカラーは「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」というオプションカラー(税込162,000円)で、非常に派手な色合いとなっていますが、このカラーリングが何ともアダルティな印象を与えるだけでなく、よりスポーツカーらしい演出を醸し出していますね。

内装は非常にオシャレなダークローズ。
各ラインナップの”F SPORT”グレードのみで選択可能なオプションとなっています。

パワートレインは、排気量5.0L V型8気筒DOHCエンジンを搭載し、最高出力477ps、最大トルクは540Nmを発揮。
駆動方式はFR(後輪駆動)で、燃費は7.8km/h。
サイズは、全長4,770mm×全幅1,920mm×全高1,345mmとクーペにしてはかなり大きめな設定ですね。最低地上高は「LC500h」よりも5mm低い135mmとなります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう