フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300のGR-Sグレードはこうなる?これまでのリーク画像や情報をもとに作成してみると…

新型ランドクルーザー300 GR-Sは更にアグレッシブでスポーティになる?

いよいよ2021年8月上旬に発売予定となっている、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、今回は最上位グレードとなるGRスポーツ(GR-S)はこうなる?というレンダリングが公開されています。

新型ランドクルーザー300にて設定されるGR-Sは、新型GRヤリス/GRスープラなどのようにレースやラリーなどのスピード・ドリフトといったハードスポーツ志向ではなく、圧倒的な走破性を求めるオフロード志向を意味するグレードになると言われています。

具体的にGR-Sグレードはどのような装備内容にまとめられ、そしてどのようなエクステリアに仕上げられるのか?これまでのリーク情報をもとに早速チェックしていきましょう。


レンダリングだけを見てみると、完全にスポーツ志向のグレードに見えるが?

こちらが今回公開されている新型ランドクルーザー300のエクステリアデザイン。

今回このレンダリングを作成したのは、海外カーメディアのCARBUZZで、これまで完全リークされてきた内部資料や、トヨタ車体・吉原工場のスパイショット画像をもとに展開。

早速レンダリングの細部を見ていくと、新型ランクル300特有の押し出しの強いフロントマスクはそのままに、三眼LEDヘッドライトやL字型のデイタイムランニングライトも標準装備。

そしてフロントグリル部分も見ていくと、水平基調スラッドのメッキ加飾グリルを廃止し、LEDデイライトのラインに沿ったグリルを横切るメッキバー+メッシュグリルでスポーティさを表現しています。

更にレッドのディテールが加味されたフィンが何ともGR-Sっぽい雰囲気を持ちますが、果たしてこのデザインでそのまま登場するかは不明。

中東市場向け+ノーマル仕様の新型ランクル300のリーク画像と比較してみると?

参考までに、これまでに完全リークされた新型ランドクルーザー300のエクステリアをチェックしていくと、三眼LEDヘッドライトやDRLはそのままに、フロントグリルや4本のフィンはブラックのまま、そしてフロントロアバンパー形状が異なり、足もとのアルミホイールも大きく異なっているのが確認できます。

なおこれまで完全リークされてきた新型ランクル300のエクステリアデザインは、全て中東市場向けと云われていますが、日本市場向けは若干の変更が加えられるのか、それとも中東市場向けとほぼ変わらない仕様となるのかは明らかになっていません。

日本市場向けの新型ランドクルーザー300 GR-Sの装備内容はどうなっている?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう