2022年モデル・スバル新型アセントの特別仕様車オニキス・エディション(Onyx Edition)が2021年6月14日にデビューへ!先行ティーザー画像も公開

スバルが突如として興味深いティーザー画像を公開!

スバルの米国部門となるスバル・オブ・アメリカが、2022年モデルの中型SUV・新型アセントをベースにした特別仕様車オニキス・エディション(Subaru New Ascent ONYX Edition)を2021年6月14日に発表することを明らかにしました。

公式Facebookにて明らかにされた今回の特別仕様車ですが、具体的な装備内容や変更内容、価格帯については明らかにしていないものの、1枚のみ公開されたティーザー画像には「ASCENT ONYX Edition」のリヤバッジが貼付され、一目でスタンダードグレードとは異なることがわかります。


オニキス・エディションはブラックのアクセントが際立つモデルに?

こちらが今回公開されたアセント・オニキス・エディションに関するティーザー画像。

リヤテールゲートの右端部分をズームアップしたもので、”ASCENT ONYX Edition”のネームバッジが確認でき、ボディカラーもブラック系だと予想。

現時点ではまだ明確な情報はないものの、海外カーメディアの報道では2020年モデルとして登場したアウトバック・ブラックアウトパッケージ(Outback Blackout Package)がベースになっている?との見方もあるようで、以下のようなブラックアクセントを加味したパーツが採用されるかもしれないとのこと。

・フロントグリル
・ミラーキャップ
・ルーフラック
・アルミホイール

内装に付いてはStarTex素材が標準装備されるものと考えられ、快適装備にはフロントシートヒーター、その場に応じた走りを提供するX-Modeオフロードシステムも搭載される可能性が高そうです。

スバル・アセントは北米市場でも人気のある中型SUV

ちなみにこちらが2018年モデルとなる3列シートタイプSUVのアセント。

アセントは、ホンダ・パイロットやフォード・エクスプローラー、シボレー・トラバースといった中型SUVをライバルに登場した後発モデルとなります。

アメリカでは、3列シートモデルのSUVやピックアップトラックモデルといった中型~大型モデルが激しい競争を続ける中で、外装のデザインや多彩なインテリア、そして外車に引けを取らない高品質さを武器に、スバルが満を持してアセントを本格投入しました

スバル・アセントは上位SUVだけあって車内も上質!パワートレインは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう