スバル・次期「WRX STI」はこうなる?より低重心化でスポーティ、ダウンサイジング&ハイブリッドで300馬力超え?

2020-05-26

スポンサーリンク

やっぱりブルーが似合うぜ次期「WRX STI」

2020年モデルとして登場するであろうスバルの次期型「WRX STI」の予想レンダリング画像が公開されています。
今回公開されているレンダリング画像は、今年初めに開催の東京オートサロン2018にて出展された「Viziv Performance STIコンセプト」をベースにしたハイパフォーマンスモデルと思われ、そのスタイリングやデザイン性はまんまラリー仕様といったところでしょうか。

スポンサーリンク

ベースはViziv Performance STIコンセプト

レンダリング画像では、「Viziv Performance STIコンセプト」に寄せた特徴的なフロントヘッドライトと薄型ともいえるサイドミラー、そして地上高とのクリアランスはこれまで以上に小さいとされるボディキットを装着することで、今までにないアグレッシブさとラリー・ブルーと呼ばれるボディカラーによってスバルらしいデザイン性を見出した個性的な一台になることが予想されます。

搭載エンジンについてはまだまだ明らかになっていませんが、ダウンサイジングの排気量2.0L 水平対向4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載することが予想され、ここにハイパフォーマンスハイブリッドパワートレインにてアシストすることで最高出力 約320psを発揮する可能性が有りそうです。

ちなみにこちらが噂の「Viziv Performance STIコンセプト」。
ヘッドライトのハウジングを設けずに必要な部分だけスリット溝を入れるところはマジ変態。真面目な車を生み出すスバルがこういったところに独創性を見出すところのギャップがまたたまらないです。

カーボンファイバ製と思われるフロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザーにもSTI特有のレッドのディテールポイントを加え、リヤエキゾーストシステムは両サイド2本出しのクワッドタイプ。
武骨な印象を受けながらもスタイリッシュで、「S208」から空力特性を最大限向上させていることもあり、どこまで性能面を高めてきているのか非常に気になるところです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

2020年モデルのスバル「レガシィ」はこうなる?デザインやエンジンも確認してみよう(2018/8/5投稿)
スバル・次期「レガシィ」の開発車両をキャッチ。新世代4気筒ボクサーエンジンを搭載する?(2018/6/9投稿)
ベースはトヨタ「プリウスPHV」。スバルのコンパクトSUV「クロストレック(日本名:XV)」PHVが年内登場へ(2018/5/13投稿)
スバルのプラグインハイブリッド(PHV)モデルが遂に判明。その名も「Evoltis(エヴォルティス)」(2018/4/18投稿)
スバルが2018年後半にPHEVモデルを導入。トヨタ「プリウスPHEV」の技術を流用へ(2018/2/8投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう