まさに往年のレーシングカー。フェラーリ・コレクターが購入した「250GTルッソ」仕様のワンオフモデル「F12tdf」をご紹介【動画有】

2020-05-26

スポンサーリンク

特別なワンオフモデル「F12tdf DSKLエディション」をレビュー

人気自動車系ユーチューバーのShmee150氏が、フェラーリ「F40/F50/エンツォ・フェラーリ/ラ・フェラーリ」等のほとんどのスペチアーレモデルを所有するフェラーリ・コレクターでお馴染みデイビッド・SK・リー氏のカーガレージに訪問し、特別なワンオフモデル「F12tdf DSKLエディション」をレビュー。
デイビッド・SK・リー氏と言えば、世界限定209+1台のみ販売された、「ラ・フェラーリ・アペルタ」の購入権を得ることができなかった人物としても有名ですね。

この「F12tdf」は、同社フロントマウントフラッグシップモデル「F12ベルリネッタ」をベースにしたハイパフォーマンスモデルで、世界限定799台のみ製造されましたが、その中でも更に貴重な1956年~1964年に誕生した往年のレーシングモデル且つ彼が所有する「250GTルッソ」仕様にカラーリングしたワンオフモデルとなります。
「F12tdf」に”DSKLエディション”と名付けられているのは、オーナーであるデイビッド・SK・リー氏の名前が由来となっています。

スポンサーリンク

他のフェラーリを圧倒する美しさ

今回紹介されている「F12tdf DSKLエディション」ですが、ボディカラーはフェラーリのシンボルでもあるイエロー系で、ここにスクーデリア・フェラーリシールドとイタリアントリコローレストライプが追加デザインされ非常に美しい仕上がりに。

リヤデザインを見ていくと、リヤハッチのセンターには徐々に幅広になっていくイタリアントリコローレストライプが貼付されていますが、これは空気の流れがフロントからルーフ、リヤにかけて幅広くなっていく姿をストライプで表現しているためと言われています。

インテリアはこんな感じ。
ステアリングホイールの12時と6時の部分にイタリアントリコローレストライプが加わっていますが、こういったストライプは初めてみたかもしれません。
ちなみに、インテリア内のシートベルト/ハーネスもブルーで、シートもブルーを採用していますが、この辺りのデザインも「250GTルッソ」がベースとなっています。

こちらが今回ベースとなっている「250GTルッソ」。
とても60年程前の車とは思えぬほどの抜群のコンディションで、ボディの状態も完璧。

インテリアのシートや各部パーツ、レザー関係も劣化していない極上品となります。

【Ferrari Collector David Lee’s F12 TDF is STUNNING! | TEST DRIVE】

☆★☆デイビッド・SK・リー氏関連記事5選はコチラ!☆★☆

アメリカ富豪&フェラーリコレクターが「ラ・フェラーリ・アペルタ」納車。これでフェラーリほぼコンプリート(2017/6/17投稿)
前代未聞。アメリカ富豪&フェラーリコレクターに納車された「ラ・フェラーリ・アペルタ」が異例の販売拒否へ(2017/6/29投稿)
「ラ・フェラーリ・アペルタ」購入権を管理する男が登場。「フェラーリ従業員にフェラーリは買わせない」(2017/7/21投稿)
一体どうした?「エンツォ・フェラーリ」が上手く駐車できず周りも苦笑い他【動画有】(2017/8/15投稿)
あの有名フェラーリコレクターのレストモッドされた1972年式「ディーノ・モンツァ3.6Evo」がジェイレノ・ガレージに登場【動画有】(2018/6/5投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう