【レンダリング】またもや個性的なトヨタ・新型「スープラ」が登場。今度はオフロード仕様でゴリゴリ風に

2020-05-27

「スープラ」のレンダリングシリーズ。今回は遂にオフロード仕様が登場

先日のアメリカ・デトロイトモーターショー2019にて発表されたBMWとの共同開発モデル・トヨタの新型2ドアスポーツクーペ「スープラ」。
このモデルをベースにオープンモデルやシューティングブレーク、スタンス仕様にカスタムしたレンダリング画像が多数公開されていますが、今回は意外と有りそうでなかったオフロード仕様のカスタムされた個体が登場。


デジタルアーティストの職人技が光る完成度

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストでお馴染みのRain Prisk氏で、既製モデルをベースに様々な派生版を作成することで有名なスペシャリスト。
今回の様に、パリダカール仕様にも見えるスタイリングに加えて、足元にはオフロードタイヤを装着し、フェンダー周りもオフロード仕様とするためにカットアウトアーチに変更しています。
このあたりはフォトショップの技術を活かして作成していますが、ここまで見事に作成できるあたり、やはりデジタルアーティストの技術力は計り知れないと感動するばかりです。

またトップルーフにはカヌー用のボートを積載しているのでしょうか。
ルーフレールに固定した状態にて悪路を走破し、マリンスポーツを楽しむためのアウトドアモデルとしては十分な一台だと思われます。

パワートレインは、排気量3.0L 直列6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力335hpを発揮するため、オフロードを走行する上では十分なパワーと言えそうです。

☆★☆「スープラ」レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう