マツダ最新のラージプラットフォーム&直6モデルが搭載される「FRクーペ」の情報が一部明らかに。RXヴィジョン・コンセプトをベースにした流麗なボディ、そして直6ディーゼルの計画も?!

2020-05-27

~ラージプラットフォーム採用の「FRクーペ」とちょっとした追加情報を公開!~

先日、マツダ関連の公式ツイッターが誤ってリークした(現在は既に削除済み)、最新ラージプラットフォーム&直列6気筒エンジンを搭載する後輪駆動モデルの次世代「アテンザ/マツダ6(Mazda6)」と思われる画像がリークしていましたが、今回新たな情報として、同プラットフォームとエンジン、そして後輪駆動モデルを搭載する次世代クーペモデル「(仮)FRクーペ」が登場する?との噂が浮上しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~マツダは直6ガソリンエンジン以外にディーゼルエンジンも開発中?!~

今回マツダが新たに採用する直列6気筒エンジンは、マツダの新世代SKYACTIV-Xに加えてディーゼルターボもラインナップする計画があるとのこと。
ディーゼル本来のトルクモリモリな走りを体感できる究極のエンジンだと思いますが、このモデルがラージプラットフォームを採用するモデルすべてに適応されるかどうかまでは明らかになっていないとのこと。

話は「FRクーペ」に戻りますが、このモデルは同社フラッグシップモデル「アテンザ/マツダ6」よりも更に上位クラスのモデルになるとのことで、そのデザインベースにあたるのが東京モーターショー2015にてジャパンプレミアされた次世代ロータリースポーツ・コンセプトモデル「RX-Visionコンセプト」になるとのこと。

つまり、従来マツダが搭載する4気筒エンジンよりも長い直列6気筒エンジンを搭載するためには十分ともいえるロングノーズ・ショートデッキスタイルを採用することで、「RX-Visionコンセプト」本来の特徴でもある流麗系の美しいプロポーションを活かしたクーペモデルになることが期待されています(但し次世代RXが登場するというわけではなさそう…)。

なお、具体的に搭載されるであろう次世代エンジンとも言われるパワートレインは、排気量3.0L 直列6気筒SKYACTIV-Xマイルドハイブリッドエンジンを搭載(最高出力360ps/最大トルク490Nm)すると思われ、燃焼方式もマツダ独自が開発した点火プラグ併用の圧縮着火を採用し、ガソリンエンジンとしてシームレスな加速に加えて、ディーゼルエンジンのような圧縮着火を可能としてトルクフルなエンジンとなることが期待されています。

~具体的な競合モデルはレクサス「RC F」が濃厚~

気になるボディサイズについては、全長4,750mm×全幅1,890mm×全高1,350mm、ホイールベース2,700mmと予想。
恐らく直接的な競合モデルになるであろうレクサス「RC F」よりも、全長-40mm、全幅+45mm、そして全高-40mmのアストンマーティン風のラグジュアリースーパーカールックになることが期待されています。

なお、次世代「FRクーペ」の予想発売時期は、2022年冬頃とまだまだ先となりそうです。

☆★☆マツダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう