リバティーウォークが更にダークなランボルギーニ「ウラカン」専用ワイドボディキットを発表!リベット留めオーバーフェンダー無し、レーシングモデル風スタイルでSEMAショーに出陣【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~これまたとんでもない過激ボディに仕上げられた「ウラカン」が登場~

2019年11月にアメリカ・ロサンゼルスにて開催されるSEMAショー2019にて、日本の過激派チューナでお馴染みリバティーウォークがランボルギーニ「ウラカン(Lamborghini Huracan)」専用ワイドボディキットを装着したカスタムモデルを発表しましたが、今回更にダークなボディカラーに身を纏った新たなワイドボディキットモデルを世界初公開しました。

今回リバティーウォークが発表した専用ワイドボディキットは、前回同様に「アヴェンタドールS」や「ウラカン・スーパートロフェオ/GT3」のような独特なフロントバンパーとフロントスプリッター、カーボンファイバ製フロントフード、そして僅かに与えられたポルシェ「911GT3RS」風のエアルーバーを備えるフレアホイールアーチを備えるゴリゴリ仕様へと変化しています。

スポンサーリンク

~リヤデザインは「アヴェンタドールSVJ」を取り入れたエクストリーム仕様?~

リヤデザインはこんな感じ。
リヤウィングは「アヴェンタドールSVJ/ヴェネーノ」のようなシャークフィン形状とセットになった4点固定式の大型タイプを装着し、リヤディフューザーはレーシングモデル風の過激なカーボンファイバ製のスリット付。

リヤエキゾーストパイプは、スタンダードモデルと変わらずではあるものの、リバティーウォーク特注の両サイド2本だしとなるクワッドエキゾーストシステムとなっていますね。

そしてリヤエンドには、”Lamborghini”エンブレムではなく”ADVAN”バッジが貼付されています。
なお、今回過激なワイドボディキットを装着した「ウラカン」を撮影したのが以下の動画。
想像以上にワイド且つベタベタに仕上がった族車仕様になっていることがよくわかります。

☆★☆リバティーウォーク関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう