リバティーウォークが過激カスタムしたランボルギーニ「ウラカンGT」の実車を公開!フロントは「アヴェンタドールS」風、価格も想像以上に超高額だった件

2020-05-27

~「アヴェンタドール」に一切引けを取らないダイナミック感とワイド感だ~

11月上旬に開催するSEMAショー2019まで残すところ僅かとなりましたが、日本の過激チューナーでお馴染みリバティーウォーク(Liberty Walk)が、遂にそのイベントに出展する専用ワイドボディキット「ウラカンGT(LB-Silhouette WORKS HURACAN GT Complete Body kit)」を世界初公開しました。


~外付けリベット留めのオーバーフェンダーを封印し、正統派?族車スタイルで勝負~

今回公開されているのは、あくまでも初期段階のものだとは思いますが、フロントエンドを見る限りでは、「アヴェンタドールS(Aventador S)」のようなインテークデザインを持ち、更には「ウラカン」をベースとしたレーシングモデル「GT3/GT3 Evo」、そして「スーパートロフェオ/スーパートロフェオEvo」といった数多くの派生モデルからインスピレーションを受けたような一台となっています。

ただ、リバティーウォークの代名詞ともいえる外付けリベット留めのオーバーフェンダーは装着されておらず、ボディ一式を大胆に変更することでかなりまとめてきたように思えますね。

今回SEMAショー2019にて発表される「ウラカンGT」専用ワイドボディキットですが、既に専用ホームページにて事前予約を受け付けているものの、価格は想像以上に高額。

基本的にセットでの販売となりますが、専用フロントバンパーやフロントディフューザー、リアバンパー、リアディフューザー、リアウィング、ワイドフェンダー、ボンネットフードがセットとなっており、FRP素材を使用して3,942,000円、FRP&ドライカーボンを使用して4,968,000円、そしてドライカーボンのみを使用して5,994,000円での販売となっています。

☆★☆リバティーウォーク関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:LibertyWalk

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう