2020年モデル・(米)日産の新型「キックス(Kicks)」が発売スタート!セーフティキット標準装備で価格は約205万円から

2020-05-27

~日本市場ではフルモデルチェンジ版として登場してほしいところだが…?~

2020年5月頃に日本市場でも発売予定となっている日産の新型コンパクトSUV「キックス(Nissan Kicks)」(未だに新型「ジューク」が日本市場にて販売されないのが納得いかない…)。
アメリカ市場にて、「キックス」が2020年モデル(モデルイヤー)として新たにセーフティキットを標準装備させての発売スタートとなります。


~コンパクトSUVとしてはまだまだ人気の高い「キックス」~

新型「キックス」では、アクティブセーフティシステム「セーフティ・シールド360」が標準装備され、歩行者検知付自動緊急ブレーキやリヤオートブレーキ、車線逸脱警告、レーダーベースのブラインドスポットシステム、リヤクロストラフィックアラート、ハイビームアシストといった安全装備も充実。

基本的なグレード構成は何も変わらず、“S/SV/SR”の3種類にて構成されますが、今回のモデルイヤーにより”SV/SR”ではリヤドアアラートが標準装備されるとのこと。

そしてグレード別の価格帯は以下の通り。
2019年モデルよりも約3.6万円ほど価格アップしていますが、個人的に期待していた四輪駆動モデルの市販化が無いのはちょっと残念。

・キックスS(FWD):約205万円
・キックスSV(FWD):約223万円
・キックスSR(FWD):約229万円

パワートレインについては、排気量1.6L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力122hp/最大トルク155Nmを発揮。
トランス身ションはXtronic CVTのみがラインナップされます。

その他の標準装備内容としては、Apple CarPlay/Android Autoを搭載したインフォテイメントシステム用7インチタッチスクリーンディスプレイにて先進を追加。
オプション装備では、アラウンドビューモニタとBoseオーディオシステムの連動タイプを販売。
ボディカラーとしては、7色のモノトーンと5種類の2トーンカラーがラインナップされます。

ちなみに新型「ジューク」にて標準装備された電動パーキングシステムについては搭載されず、安定のハンド式サイドブレーキとなっています。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう