これマジか!スズキ新型「ジムニー・シエラ」をライバルとする(露)ラーダ「ニーヴァ」が約40年経過して初のビッグマイナーチェンジ!主な変更内容はフロントフォグランプの追加

2020-05-27

~ビッグマイナーチェンジするということは、40年経過した今でもそれだけ需要があるということに~

1977年より発売スタートしたロシアの4×4コンパクトSUVモデル・ラーダ「ニーヴァ(Lada Niva)」。
スズキ「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」の実質的なライバルモデルということで、約40年間フルモデルチェンジしないで販売されているロングセラーモデルとなりますが、何とこの度、42年ぶりに初のビッグマイナーチェンジを施して(細かいマイナーチェンジは何度か行っている)、2020年初め頃より発売スタートするとのこと。

いま現在もライバルモデルはスズキ新型「ジムニー・シエラ」になるとのことですが、今回のマイナーチェンジによって大きく変更されたポイントは、外観では”フロントフォグランプ”が追加されたことのみ。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~新型「ニーヴァ」の変更内容を見ていこう~

早速マイナーチェンジ前と比較してみましょう。
上の画像がマイナーチェンジ前となる旧型「ニーヴァ」。
フロント上部にはウィンカー、その下にはフロントヘッドライトが装備され、確かにフロントフォグランプが装備されていませんね。

そしてこちらが2020年モデルの新型「ニーヴァ」。
た、確かにフロントフォグランプが追加され、フロントバンパーが若干変更されていますね。
よ~く見てみると、足元のアルミホイールも2020年モデル用に改良されていることが確認できます。

~インテリアは結構な手直しが施されているようだ~

インテリアもかなり昔ながらのレイアウトになっていますね。
ちなみに、今回のビッグマイナーチェンジにより、気候システム制御モジュールをインストールし、グローブボックスも大きく、更にはフロアトンネルに2つのコンパクトなカップホルダーを追加しています。

これが2020年モデル…スズキ新型「ジムニー・シエラ」に負けないレトロ感と道具感がハンパ無いデザインですが、これが意外にもロシア市場では非常に人気が高いとのこと。

メータ類はシンプル且つレトロながらも、インフォテイメントシステムに改良が入る等、小さな変更がいくつかありますね。
必要最低限の情報があれば特に問題なしといった感じです。

シートはファブリック素材となりますが、撥水効果があるかどうかは不明。
但し、シートも再設計を施しているとのことで、より信頼性の高い折り畳み機構を備えているとのこと。
サイドシルの”URBAN”も追加され、現代っぽく改良されています。

気になる新型「ニーヴァ」のパワートレインは、排気量1.7L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力87hpを発揮。
トランスミッションは5速MTのみで、フルタイム四輪駆動(4WD)が搭載されます。
直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が17秒、最高時速は142km/hにまで到達するそうです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう