フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「シエナ」の開発車両がまたまた登場。新型「アルファード/ヴェルファイア」だけじゃない、北米市場を大きく盛り上げるファミリー向けミニバンだ!

2020-05-27

~アメリカ市場では「アルヴェル」よりも更に高い支持を得ている「シエナ」~

トヨタのミニバンモデルといえば「アルファード/ヴェルファイア/ノア/ヴォクシー/エスクァイア」等が挙げられますが、アメリカ市場にて高い人気を得ている「シエナ」がフルモデルチェンジを果たすということで、今回3度目となる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両は、2回目同様にカモフラージュはかなり分厚めで、「シエナ」本来のスタイリングやデザインがはっきりとはわからないものの、スタイリッシュながらにロングでファミリー向けに適したミニバンといった印象を受けますね。

また今回のフルモデルチェンジにより、サイドミラーがAピラーに装着されるのではなく、ドア部分に装着されるといったところも大きな変更ポイントになっていますし、後方並びに死角を無くすための工夫が施されています。


~ボディサイズの延長で室内の快適性を大幅にアップ!~

サイドから見てみるとこんな感じ。
ホイールベースは非常に長く、フロント・リヤオーバーハングも結構張り出しているように見えますね。
特にリヤオーバーハングの張り出しは顕著であり、後席並びにトランクスペースを大きく確保してくるものと予想されます。

リヤデザインはまだまだハッキリとはしませんが、リヤテールランプは何となくワイドになりそうな予感がします。

~プラットフォームの一新で更に走りの質を強化!~

新型「シエナ」では、新型「カムリ/アバロン/ハイランダー」と同じ新世代TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)プラットフォームを採用するといわれており、ここに更に剛性アップと軽量化を図る予定となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

パワートレインについても排気量2.0L 直列4気筒自然吸気エンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドシステムと、もう一つは「アルファード/ヴェルファイア」でも設定される排気量3.5L V型6気筒エンジンが搭載される予定となっています。

気になる新型「シエナ」のワールドプレミアは、2020年の夏~秋頃が濃厚と予想されています。

☆★☆新型「シエナ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:MotorAuthority

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう