フルモデルチェンジ版・日産の新型「ノート」にスライドドア搭載は確実?エンジン変更は特になし、価格も200万円からとの噂が浮上

スポンサーリンク

~新型「ノート」の細かな情報が少しずつ展開されているようだが…?~

さて、2020年夏ごろに登場する予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型「ノート(Nissan Note)」ですが、このモデルに関してスライドドアが本格的に採用されることや、エンジン性能、更には予想価格帯が細かく公開されています。

自動車情報誌ベストカーによると、今回デザインが大きく一新する新型「ノート」では、従来のVモーショングリルは積極的に採用される一方で、2019年10月末の東京モーターショー2019にて発表された「アリヤ・コンセプト」のような引き締まった顔つきになる可能性が高いとのこと。
ちなみに上のレンダリング画像は、自動車ニュースサイトSpyder7が作成したオリジナルレンダリングですが、このデザインとは大きくかけ離れたものになるようですね。

スポンサーリンク

~そもそも「アリヤ・コンセプト」の量産版が大きくかけ離れたデザインになるとの情報も~

こちらが東京モーターショー2019にて世界初公開されたピュアEV仕様の新型「アリヤ・コンセプト」。
2020年夏ごろ以降に、量産版として市販化される予定となっていますが、元日産関係者の方の情報によれば、「このような引き締まった顔つきとは全く異なるデザインにて登場する」と聞いているので、新型「ノート」然り一体どのような顔つきで定めてくるのか全く予想がつかないのが正直なところです。

~ボディスタイルはどうなる?エンジンは?価格帯は?~

改めて新型「ノート」のレンダリングに戻りますが、今回のフルモデルチェンジにより、リヤドアが横開きからスライドドアへと変更されるそうですが、そうなってくるコンパクトモデルの立ち位置としては、トヨタ新型「ヤリス」やホンダ新型「フィット4」ではなく、トヨタ「シエンタ」やホンダ新型「フリード」といったコンパクトミニバン(MPV?)が競合になる?と考えたほうが良さそうな気がしますね。

新型「ノート」のボディサイズとしては、ベストカーの情報によれば全長4,100mm×全幅1,695mm×全高1,500mmとコンパクトなサイズ感となるため、積載性や室内空間での快適性を考慮すると、ちょっとライバル視するには無理があるように感じられますが、より一層新型「ノート」のコンパクトモデルとしての立ち位置が難しいものになってくるのではないか?と考えたりはしますね(要はどういうボディスタイルで売っていきたいのかが明確化されていない)。

一方でエンジングレードについても、従来通りe-POWERが採用されるそうですが、肝心のエンジンユニットは変わらずとなる排気量1.2L 直列3気筒エンジン+電気モータを組み合わせることで、最大出力79ps+モータ出力150ps/最大トルク103Nmを発揮すると予想されています。

気になる価格帯についても、あくまでe-POWER(2WD)グレードでの価格帯だと思いますが約200万円~250万円にて販売される可能性が高いとのことで、現行「ノートe-POWER」の約197万円~約247万円に比べてわずか3万円ほどのアップに抑えられていますね。
本当にこの価格帯にて発表してくるかは定かではないものの、本気で起死回生を狙っているのであれば、エンジン性能やデザイン性の向上、そして顧客のニーズに合わせた個体を提供してほしいところです。

☆★☆日産・関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう