リバティーウォークが日産「スカイラインGT-R R34」ベースの鉄仮面仕様”LBスーパーシルエットWORKSスカイライン”をサプライズ発表!R30世代のデザインをそのまま表現した究極のフォーミュラだ

2020-05-27

~まさかリバティーウォークがフォーミュラ仕様をR34で表現してくるとは…~

先日より開催中の東京オートサロン2020にて、日本を代表する過激チューナでお馴染みリバティーウォークが、サプライズ出展として日産「スカイラインGT-R R34(Nissan Skyline GT-R R34)」をベースにしたシルエットフォーミュラ仕様の「LB★スーパーシルエットWORKSスカイライン」を世界初公開しました。

今回発表された個体は、日産「KDR30スカイライン・スーパーシルエット」をモチーフにしたフォーミュラスタイルをそのまま「スカイラインGT-R R34」にて蘇らせたもので、しかしリバティーウォーク独自の世界観とシャコタン&オーバーフェンダーの族車風スタイルを貫いた渾身の一台となっています。


~ぶっちゃけ現代版として登場しても何の違和感もないほどに高い完成度を誇る~

そしてこちらが、モチーフとなっているR30鉄仮面仕様でお馴染み「KDR30スカイライン・スーパーシルエット」。
上下で異なるレッドとブラックの2トーンスタイルに加えて、顎が付きだし過ぎたフロントスポイラーや過激なワイドボディキット、そして大きく張り出したリヤオーバーハングと巨大リヤウィングを備え、ドアサイドパネルには”TOMICA”やナンバー、そしてDUNLOPといったスポンサーステッカーを貼付させた過激な一台となっています。

これを見事「スカイラインGT-R R34」ベースにて仕上げたのがコチラ。
ボディスタイルは非常にシンプルにまとまり、しかし当時の大きくしゃくれたスポイラーはそのまま表現され、DUNLOPではなく”ADVAN”のステッカーを貼付している辺り、リバティーウォークのオリジナリティが垣間見れますし、なによりもドアサイドパネルには”TOMICA”ではなく”LBWK”を貼付する潔さはさすがの一言。

リヤバンパーや固定式リヤウィングは、当時のデザインとは異なる”現代版”といった形で、シルエットフォーミュラというよりは族車をコンセプトにしたスタイリングに近いように感じますね。

~エンジンも当時のレーシングユニットをモチーフにするほどの本格派~

なおパワートレインは、当時R34に搭載されたエンジンではなく、本格的な昭和スタイルのL型3.1Lチューニングエンジンを搭載するほどの本気仕様。
やはり見掛け倒しではなく、中身にまで徹底的に拘ったモデルであること、そしてこのモデルを東京オートサロン2020にて目玉モデルとして発表してくることへの強い想い入れが伝わってくる一台となっています。

ちなみに、この「LB★スーパーシルエットWORKSスカイライン」はレッド&ブラックの2トーンカラーのみで世界限定5台のみ販売するとのことですが、その価格帯は未だ不明。
ワイドボディキットや大口径アルミホイール、更には過激なエンジンキット等すべて含めたら1,000万円以上は確実でしょうし、リバティーウォーク史上最高額を誇る一台になるのではないかと予想しています。

東京オートサロン2020の出展詳細はこちらにてまとめております。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:COYAJI.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう