フルモデルチェンジ版・日産の新型「フェアレディZ」はこうなる?これまで浮上してきた情報と予想される価格帯をまとめてみた

2020-05-27

~今回の新型「フェアレディZ」はかなりの注目を受ける個体となりそう~

以前、日産「フェアレディZ(370Z/Z34)」をベースにした2021年モデル・フルモデルチェンジの新型と思われる開発車両が目撃されていましたが、これに関するまとめ情報(噂も含む)が公開されているため、早速その内容を公開していきたいと思います。

海外の自動車ニュースサイトCarAndDriverによると、新型「フェアレディZ(Z35?)」は、2シータスポーツクーペはそのままに、プラットフォームやデザインは一新するものの、スタイリングやデザイン性においては先進的なものではなく、どちらかというとレトロな印象を与えるものに仕上げられるとのこと。

具体的には、上の完成予想レンダリングのように、フロントヘッドライトが「ダットサン240Z」からインスピレーションを受けたかのようなレトロなデザインとなり、リヤテールランプが「300ZX」のようなワイド感のあるものに仕上げられるとのことで、こうした先進的な要素とは全く異なる、敢えてクラシカルな要素をメインにすることで、他にはない唯一無二の個体として注目を浴びるのではないか?と期待されています。


~一方でインテリアは先進性と快適性を高めてくる~

但し、インテリアはガッツリと先進的なレイアウトになることが予想されているとのことで、圧迫感を少なくすることと快適性を高めるために可能な限り広々とさせ、更には日産の最新インフォテイメントシステムとダッシュボードデザインを採用してくるとのこと。

プラットフォームについては、FMプラットフォームの改良版を採用し、エンジンはフロントマウントで後輪駆動(FR)のレイアウトを維持することは間違いないとのこと(四輪駆動(AWD)も設定する可能性が高い)。
そしてコンポーネントについては、高級スポーツブランドのインフィニティ「Q60」と共有するとのことで、現行とは全く異なる”上質な”スポーツモデルに仕上げられるのではないかと思います。

なお競合モデルとしては、トヨタ新型「GRスープラ」やフォード「マスタング」、シボレー「カマロ」といったモデルが挙げられているとのことですが、これらのモデルでは四輪駆動を設定していないこともあり、こうした隙間部分を埋めていくことで、新型「フェアレディZ」の持ち味の高さを見せつけることもできるかもしれません。

~エンジンはまだまだ噂レベルながらも、400馬力以上を発揮するハイパフォーマンスモデルに?~

続いてパワートレインについてですが、今のところ排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンが搭載される予定で、最高出力400hp/最大トルク474Nmを発揮する予定となっています(新型「スカイライン”400R”」に倣うスペック)。
トランスミッションは9速ATとのことですが、噂では6速MTもラインナップ予定だそう。

そしてこれは、まだまだ噂段階なので本当に登場するのかはわからないものの、どうやら最上位グレードとなるNismoも準備されるとのことで、これについては特殊なチューニングを施すことで最高出力500hpを発揮する可能性があるとのことです。

~価格帯は上がるにしても、国産スポーツの新型「GRスープラ」よりもお手頃プライス~

最後に予想される価格帯についてですが、アメリカ市場では約340万円からにて販売されているものの、おそらく新型はパフォーマンスを相当に引き上げてくると予想されるため、+100万円アップとなる約440万円にて販売されるのではないか?とのこと。
それでも、トヨタ新型「GRスープラ」よりも安い価格帯にて購入できるため、ある意味魅力的なプライス設定なのではないかと思います。

デビュー時期については、今のところ2020年後半を予定しており、2021年頃よりアメリカから販売スタートするのではないか?とのことです。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CarAndDriver

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう